小6の自由研究におすすめ!天気に関することわざや雲の自由研究を!

小6の自由研究におすすめ!天気に関することわざや雲の自由研究を! 季節・イベント

小6の自由研究と言えば、低学年の時と違って親の手伝いはほぼ必要ありませんよね。

材料費を出してあげたり、どこかに出かけるなら車を出してあげたりするくらいでしょうか。

そんな、小学校6年生におすすめの自由研究は「天気に関する自由研究」です。

5年生の復習や、中学生の理科の予習もできます。

研究結果もまとめやすいですよ。

天気についてのことわざを調べたり、湿度・雲との関係の観測をしましょう。

天気に関する研究をおすすめする理由と、どのような自由研究があるかを紹介していきます。

スポンサーリンク

天気に関する自由研究はなぜおすすめ?

小学6年生で天気に関する自由研究をおすすめする理由は、

  • 5年で習ったことの復習ができる
  • 中学の理科の予習ができる
  • 絵・写真・グラフにまとめやすい

からです。

理科の復習や予習ができて一石二鳥!

おすすめのひとつに「5年生で天気について学習する」というものがあります。

小学5年生で、雲と天気の変化に関して学習します。

そのため、自由研究で雲の動きや天気に関しての研究をすれば、5年生内容の復習にもなるのです。

さらに、天気に関しては中学生で、気象・湿度・雲の出来方・前線・大気の動きなどに関しての学習をします。

小学6年生で天気に関しての自由研究をすることで、その予習になる可能性もあるのです。

一生懸命調べて自由研究を完成させると、宿題も終わりますし、理科の予習や復習ができるなんて一石二鳥ですね。

絵・写真・グラフにまとめやすい

天気に関する自由研究をおすすめする2つ目の理由に「絵や写真、図でまとめやすい」というものがあります。

毎日の雲の変化を観察するなら、写真を貼ると綺麗です。

湿度や温度変化と天気をからめた自由研究なら、計測結果がはっきりしているのでグラフにもしやすいですね。

模造紙にまとめるタイプの自由研究であれば、その見やすさがポイントになります。

写真や絵、グラフを使用して綺麗にまとめられる天気についての自由研究は、そういう意味でもおすすめです。

スポンサーリンク

天気に関することわざ、湿度や雲の自由研究がおすすめ

天気に関する自由研究と言っても、色々な種類があります。

2つご紹介します。

天気に関することわざが本当か調べよう!

夕焼け

その中でもおすすめなのは、「天気に関することわざが本当か調べよう!」です。

天気に関することわざがたくさんあるのはご存じですか?

その中でも、天気や雲に関するものをいくつか紹介します。

  • 夕焼けは晴れ
  • 朝霧は晴れ
  • 夏の入道雲は晴れ
  • 朝焼けは雨
  • 山にカサ雲かかれば雨

などです。

この中から「夕焼けは晴れ・朝焼けは雨ということわざ本当か?」を調べてみるのはどうでしょうか。

夕焼けなら次の日は天気が良くなって、朝焼けなら翌日は雨が多いと言われています。

ちなみに天気やことわざの問題は、中学受験で出題されることもあります。

その点も一石二鳥ですね!

1)夕焼けと朝焼けを判定する色を決める

まずは夕焼けと朝焼けの判定を、どのくらいの色にするか決めます。

本当に真っ赤な夕日というのは、1年の中でも回数が少ないもの。

ピンク色や薄いオレンジくらいでもOKということにしなければ、夏休み期間で調べるのは難しいかもしれません。

2)夕焼け・朝焼けの様子を記録する

この自由研究であれば、夕焼け朝焼けがない日の記録は残さなくてよいです。

夕焼け・朝焼けのあった日付、空の様子(写真もしくは絵)、翌日の天気を記録しましょう。

この自由研究をしている過程で、夏には朝焼けや夕焼けが少ないことにも気づくと思います。

それに関しての理由を調べてみてもよいかもしれません。

それに加えて、自由研究の結果と天気予報の比較をしてみても面白いですね。

天気のことわざがどれだけ当たっているのかを、証明することができます。

まとめとしては、夕焼け・朝焼けの時は、それぞれ天気はどうなるのかをまとめ、ことわざが当たっているのかどうかに焦点を置いてまとめてみましょう。

余裕があれば、他のことわざについて調べてみてもいいかもしれませんね。

湿度・雲と天気の関係を調べよう!

夏の雲と温湿度計

次におすすめの自由研究は「湿度・雲と天気の関係を調べよう!」です。

  1. まず天気予報で「晴れ」と言っている時の雲を観察してみましょう
  2. 写真に撮って、それはなんという名前の雲なのか調べてみましょう
  3. レンズ雲、積雲、くらげ雲など色々な雲の種類があることがわかります
  4. そして、それとともに湿度も測って記録しましょう。

研究のポイントとして、

  • 自分の調べた天気と、天気予報の天気が一致しているか調べる
  • 毎日の新聞の気象記事やインターネットの気象記事と、調べた天気が一致しているか調べる
  • 雲の形が変化するのかどうか調べる

というものがあります。

雲を観察していると、積雲が変化して入道組(積乱雲)になることがあります。

これは一つ前に紹介した自由研究の「夏の入道雲は晴れ」ということわざが本当かどうか、調べることにも使えますね。

さらに、それぞれの雲はどうやって発生するかを調べてみても、また幅が広がりますね。

一つ目と二つ目に紹介した自由研究を掛け合わせた自由研究をしてみるのもおすすめです。

スポンサーリンク

小6は天気についての自由研究を! まとめ

天気を調べる自由研究は、同じ場所・同じ時間で観測することもポイントです。

比較ができるように工夫しましょう。

すでに述べたように天気についての自由研究は、調べ方によって5年生の理科の復習・中学生の予習になります。

自分で考えて工夫できる6年生だからこそ、実験結果から自分で答えを導き出させてみるとさらにいい勉強になりますね。

関連記事

自由研究小学生のまとめ方の例!低学年は親の手伝いも必須
自由研究 小学生のまとめ方の例をご紹介します。模造紙を前提にお話しますが、他でも基本は同じです。まとめる時に必ず必要な項目もご紹介します。小学校低学年の自由研究は親の手伝いが必要です!子供の考えを元に、うまく誘導してあげましょう。

通信教育を検討するなら、まずは資料請求がおすすめです(無料)

>> スマイルゼミ 公式サイトはこちら

>> 進研ゼミ 公式サイトはこちら

>> Z会 公式サイトはこちら

>> 小学ポピー 公式サイトはこちら

>> ポピー Kids English 公式サイトはこちら