夏にエアコンなしの寝室…暑くて寝れない夜の対処法やグッズは? 

夏にエアコンなしの寝室…暑くて寝れない夜の対処法やグッズは?  季節・イベント

夏場、エアコンなしの寝室で安眠をするには、ござシーツや冷感シーツを敷く、ガーゼ素材のパジャマを着る、メントール効果のあるボディソープを使う、もしくは冷風機を稼働させるなどするのがおすすめですね。

毎年、夏になると日中は酷暑になり、夜は熱帯夜になってしまうもの。

健康を考えるとエアコンを使用するのが一番です!

しかし、間取りの問題やエアコンが苦手な体質などで、夏場でも寝室にエアコンなしの場合もあるでしょう。

とはいえやっぱり暑いと安眠できないもの…。

そこで今回は、夏にエアコンなしの寝室でも、快適に眠れる方法やグッズを詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

暑くて寝れないエアコンなしの寝室を涼しくするグッズ

夏の夜、エアコンなしの寝室でも快適に眠るには、

  • ござ素材のシーツ、もしくは冷感シーツを敷く
  • ガーゼ素材のパジャマを着る
  • メントール効果のあるボディソープを使う
  • 冷風機を稼働させる

ことがおすすめの方法です。

さらに詳しく、暑くて寝れないエアコンなしの寝室でも安眠できるグッズを紹介しますね。

ござ素材のシーツや冷感シーツを敷いて寝る

エアコンなしの寝室で過ごすなら、夏場の間はござ素材のシーツにするか、冷感タイプのひんやりシーツを敷いて寝るようにしましょう。

特に最近の冷感タイプのシーツは性能が良いものが多いので、横になれば体がひんやりします。

エアコンなしの寝室で、少しでも快適に眠るためにあると便利でしょう。

ガーゼ素材のパジャマを着ること

エアコンなしの寝室で寝る場合は、パジャマ選びにも一工夫を。

パジャマは、吸汗性と速乾性に優れているガーゼ素材にすると良いですよ。

汗をかいても、肌に生地がべたつかないので快適な着心地です。

夏場の安眠のためにも、ガーゼ素材のパジャマを試してみてくださいね。

メントール効果のあるボディソープを使う

入浴した際には、メントール効果のあるボディソープを使うようにしましょう。

メントールのスースーとしたひんやり作用で、エアコンがなくても涼しく感じるようになりますよ。

その状態で扇風機や冷風機の風をあびれば、なおさら快適になるでしょう。

エアコンなしで寝るなら、夏場のボディソープもひんやり効果があるものを使うのがおすすめです。

冷風機・冷風扇を使う

冷風機や冷風扇は静かとは言えませんし、エアコンのように部屋全体を冷やすということはできません。

しかし、間取り的にエアコンの設置が難しかったり、エアコンをつけると具合が悪くなってしまうのなら、冷風機や冷風扇を稼働させるのが良いですね。

卓上型の小さなタイプやタワー型などがあります。

私の友人も冷風機愛用者なんですが、夏場に家に遊びに行った時は、冷風機でもかなり快適でしたよ。

エアコンなしなら冷風機の購入を検討してみてはいかがでしょうか。

除湿冷風機もあります。

除湿機はクーラー代わりに使える?クーラーの代わりになる家電はある?
一般的な除湿機はエアコン代わり(クーラー代わり)には使用できません。クーラーの代わりになる家電として、冷風を吹き出す除湿機(除湿冷風機・冷風除湿機)があります。部屋全体を冷やすというのは難しいですが、エアコンが使えない場所では重宝するでしょう。
スポンサーリンク

エアコンを使わないのは健康なの?

子供の頃は、エアコンを使っていなくてもなんとかなっていたし、エアコンって体が冷えたりするので、使わないのは健康的な感じもします。

しかし、ここ数年で夏場の暑さは半端ないことになっていますよね。

個人的には、やっぱりエアコンの力に頼った方が安眠できると思います。

実際私も、以前はエアコンが苦手でしたが、今ではエアコンに頼りっぱなしです…。

無理してエアコンなしの寝室で寝ようとすると、暑さのあまり寝不足になったり、夏バテや夏風邪の可能性もあります。

また、寝ている間に熱中症になってしまうという事例も実際にあるんですよ!

命に関わる事態になる危険性も出てきます。

近年では、夏場のエアコンは単純に快適に過ごすための家電ではなく、健康や生命に関わる重要なものになっています。

なので、できればエアコンに頼った方が安心です!

たとえエアコンが苦手な体質でも、温度を27℃~28℃設定にしておけば、そこまで具合が悪くなることはないでしょう。

扇風機やサーキュレーターなどと併用すれば、直接体にエアコンの風が当たる事も防げますよ。

体のためにエアコンの購入を検討してはいかがでしょうか。

エアコンが難しい場合はさまざまな暑さ対策を併用しよう

ただ、どうしても寝室の間取り的に無理だったりする場合もありますよね。

それにエアコンは安くないので、購入する余裕がないということも…。

ということで、どうしてもエアコンの設置が難しい場合には、先ほど紹介した冷風機や涼しくなるグッズを併用するのがベストといえるでしょう。

冷風機は部屋全体を涼しくすることはできませんが、寝ている自分に冷風を当てることができるので、エアコンなしの寝室にはおすすめです。

少しでも快適に眠れるように、また健康のために、できればエアコンを使いましょう!

エアコンを使わない場合は、涼しく過ごせるグッズを併用するようにしましょう。

スポンサーリンク

夏にエアコンなしの寝室で寝る方法 まとめ

夏にエアコンなしの寝室で寝る場合は、ござシーツや冷感シーツを敷く、ガーゼ素材のパジャマを着る、メントール効果のあるボディソープを使う、冷風機を使うなどをすると、暑さ対策になりますよ。

ただ、可能ならやっぱり、エアコンに頼った方が良いですね。

夏場に安眠できないと夏バテや熱中症に繋がるため、健康によろしくありません。

どうしてもエアコンを設置できない場合は、高性能な冷風機を使ったり、安眠できるような対策を併用してくださいね!

スポンサーリンク