アルミホイルがあっても電子レンジでお弁当を温めていいの?

アルミホイルがあっても電子レンジでお弁当を温めていいの? 生活

アルミホイルは、基本的には電子レンジで使えないと思ってください。

火花が出たりや故障の可能性があるからです。

なので、アルミカップ・アルミケースなどにおかずを入れたお弁当を、レンジでチンするのはNG!

アルミホイルを取り除いてから温めたり、常温で食べるなどしましょう。

電子レンジでアルミホイルを使える場合はあるのか、オーブンやグリル機能ではアルミホイルが使えるのかもまとめました。

スポンサーリンク

アルミホイルは電子レンジやオーブンで使える?

アルミホイルは、基本的に電子レンジで使ってはいけないものです。

オーブンでは使えます。

(スチームオーブンでは使えない場合があるので確認してください)

なので、オーブンレンジの場合は、電子レンジ加熱では使えませんが、オーブン料理には使えます。

また、オーブンにグリル加熱機能がある場合にもアルミホイルは使用できます。

ちなみに、アルミホイルはトースターでも使えます。

ただし、トースターの庫内は高さが低いので、気を付けないとアルミホイルが高温のヒーターに触れる可能性がありますよね。

高温のヒーターにアルミホイルが触れると燃えるかもしれないので、くれぐれも注意しましょう。

電子レンジは、マイクロ波という電磁波を使って食品を温めています。

アルミホイルなどの金属があると、電流が発生するので状況によっては火花が出る可能性があります。

必ずということではないので、お弁当を電子レンジで温めてもトラブルなく普通に使えることもあるそうですが、故障の原因にもなるので使わないのがベスト。

故障したらもったいないですし、事故になったら大変危険なので、安全を考えてアルミホイルは電子レンジでチンしないようにしましょう。

スポンサーリンク

電子レンジの他にオーブン・グリル機能があるけどアルミホイル使っていいの?

オーブン加熱は、レンジ加熱と違い、ヒーターからの熱風で食品を焼き上げます。

グリル加熱も同じく、ヒーターの熱風を使用しています。

そのため、アルミホイルが使えます。

今までは、レンジとオーブン加熱しか使ったことがありませんでしたが、グリル加熱は「焦げ目をつけて焼き上げる」んだそうです。

同じ1つの家電ですが、オーブンやグリルの加熱の仕組みは、レンジとは全く別です。

クッキー作りにアルミホイル(やクッキングペーパーなど)を使っても大丈夫なので安心してくださいね。

アルミホイルはお弁当の仕切りにも使えますし、おかずを入れるのにも便利ですよね。

でも、レンジでチンしてお弁当を食べたい場合は、レンジOKのシリコンカップをおかず入れに使用したり、ラップなどを使用するようにしましょう。

シリコンカップは、洗って繰り返し使用できるのでいいですね。

シリコンカップにもいろいろあり、オーブンに使えるものもあります。

電子レンジで使えるか確認することも忘れずに!

ちなみに、私は常温のお弁当が好きなので、アルミホイル(やアルミケース)をよく使っています。

ゴミを減らすにはシリコンカップもいいですが、アルミホイルは形が自由自在に変えられて便利なんですよね。

スポンサーリンク

アルミホイルを電子レンジで使って大丈夫な時はある?

アルミホイルを電子レンジで使うのは基本的にはNGです。

ただし特殊な使い方として、アルミホイルを使用する場合があります。

※実際に電子レンジの取扱説明書に書いてありますので、使い方を守って使用しましょう

例えば、我が家のオーブンレンジの取説を見たところ、鶏肉や魚の解凍(全解凍)でアルミホイルの使用例がありました。

鶏肉の骨付きの足の細い部分や、魚の尾の細い部分に巻いて使用するとのこと(200W)。

細い部分にアルミホイルを巻いて、電磁波を遮断することが目的なのですね。

このような使い方があるとは知りませんでした。

レンジ加熱にアルミホイルを使用する時は、レンジのドアや庫内壁面に触れないことが注意点としてあります(火花が出たり、ドアやガラスが割れることがあるため)。

スポンサーリンク

電子レンジでアルミホイルを使ったゆで卵レシピがあるの?

電子レンジを使う時の注意点の1つに、殻付きの卵や、膜付きの卵(ゆで卵・うずらの卵・目玉焼きなど)は、破裂するので使用してはいけません、というものがあります。

(溶き卵ならOK)

つい、おでんの卵を温めて破裂しそうになったことがあります…。八宝菜のうずらの卵も…。

(卵じゃなくても、温めていて「ボンッ!」となる食品っていろいろありますよね)

しかし、アルミホイルを使ったゆで卵の作り方というのがあるそうです。

生卵(殻つき)をアルミホイルですき間のないように包み、容器に入れて卵が完全にかぶる量の水を加え、ラップをふんわりかけて加熱するというもの。

加熱時間は、容器の形状やゆで卵の仕上がりによってまちまちで、600Wで5~10分くらい加熱して、2分くらいそのまま置いてから冷水に取るという感じでした。

ネットで検索してみると、この方法でうまくゆで卵を作れたという口コミがたくさんありました。

卵をアルミホイルですき間なく包むことで電磁波を遮断することと、水ですっぽり覆うというのがポイントなのだと思いますが、「電子レンジの正しい使い方」ではないので、試す際は自己責任でくれぐれもお気をつけくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

  • アルミホイルは特殊な使い方を除いて、電子レンジ使用NG
  • アルミホイルはオーブン・グリル加熱、トースターでは使ってOK

アルミホイルは電子レンジで使ってはいけないものだと思っていましたが、気にせずお弁当を温めている方もいるようでびっくりしました。

何かあると危険なので、アルミホイルはレンジ加熱に使用しないようにしましょう。

アルミホイルに限らず、アルミの弁当箱、レトルト食品や缶詰、オーブンレンジに付属の角皿などの金属類にも注意してくださいね。

関連記事

アルミホイルはフライパンで使っても大丈夫?それとも溶ける?
アルミホイルの耐熱温度は660℃なのでフライパンで使っても大丈夫です。鉄フライパンでもOK。ただし、アルミホイルは梅干しや酢などの酸には弱く溶ける可能性があります。落とし蓋として使うと穴が開くのか?害はあるのか?などについても調べました。
アルミホイルの向きは表裏ある?くしゃくしゃすればくっつかないの?
アルミホイルはどっちが表なのか悩んだことありませんか?くっつくのは表裏の向きが間違っているのかと思いきや、アルミホイルには裏表がありません。くしゃくしゃにしてから使うとくっつきにくくなります。おにぎりを包むのにも最適!殺菌作用や体に悪いのかも調べました。
スポンサーリンク