離乳食で口開けない時は…思い切ってごちそうさま!!

離乳食で口開けない時は…思い切ってごちそうさま!! 子育て

一生懸命作った離乳食。

パクパクとおいしそうに食べてくれるととっても嬉しい。

でも、なかなかそうはいかず全然食べない‥なんてこともよくあります。

口元に何をもっていっても一向に口を開けようとしない。

そんな時は思い切ってごちそうさまをします。

でも、どうしてももう少しだけ食べてほしい…。

そういう場合は赤ちゃんの好きなもの、バナナやリンゴ、食パンなどを「食べないよりはまし」という気持ちであげましょう。

そんな、ママも赤ちゃんもできるだけストレスがかからない対処法を、3歳児と1歳児を育てる私が体験したことをもとにご紹介します。

スポンサーリンク

離乳食で口を開けないならごちそうさまを!

赤ちゃんが離乳食で口を開けない場合、1・2口しか食べていなかったとしても、思い切ってごちそうさまをします。

最初は勇気がいると思います。

1回のごはんであまり食べなければ、次のごはんでよく食べるかもしれないし、次のごはんまでにお腹がすいたと泣くのであれば、おやつやミルクをあげてもいい。

そんな心づもりでいると、ママだけでなく赤ちゃんも気持ちが楽だと思いますよ。

離乳食を食べないことにイライラ…

実際に私は、1人目の離乳食期間、頑張ってどうにかして完食させようとしていました。

1回のごはんタイムは1時間くらいかかっていました。

食べない子供にイライラもしました。

毎回違うメニューをキチンと出し、1回の食事で野菜類は少なくても2種類以上と決め、ご飯の量も測っていました。

毎回の食事時間がだんだんと憂鬱になっていました。

そんな時、タイミング良く小児科の離乳食指導を受けたのです。

1回の食事は長くても15分。

赤ちゃんの集中力は15分経ったらもう限界です。

野菜は1回の食事で1種類あれば十分。

残したら次できっとよく食べます。

完食して満足するのはお母さんでしょう?

口を閉じればごちそうさま!15分経てばごちそうさま!

離乳食指導の言葉をきっかけに、食べないなら思い切ってごちそうさまをすることにしました。

時間も15分と決めました。

はじめは完食していないご飯をよそに、ごちそうさまをするのには勇気がいりました。

しかしいざ実行してみると、とても楽だということに気づいたんです。

無理に食べさそうとしなくて良いし、子供も機嫌が良いうちに食事を終えることができる。

食事の準備も気楽にやり、15分で終わっていいんだと思うと、ごはんの時間が憂鬱ではなくなりました。

ママも楽だし、なにより子供が楽しそうにしているうちに終了できるのはとても気持ちの良いことです。

口を閉じればごちそうさま、15分経てばごちそうさま。

それを心の合言葉に赤ちゃんとのごはんタイムを楽しみましょう。

スポンサーリンク

離乳食を全然食べない時は好きな物を!(食べないよりマシ)

そうは言っても離乳食を全然食べない時は?

3食続けて少ししか食べない時は?

そんな時は赤ちゃんの好きなものをあげましょう。

リンゴ、バナナ、食パン、おうどん、蒸しパン‥赤ちゃんが喜んで食べるものなら何でもOK!

栄養は偏らないかな?

糖分は多すぎないかな?

炭水化物しか採ってないけど大丈夫?

毎日毎食、そのような食事をするのは良くないと思います。

でも今日のお昼ごはんはリンゴしか食べなかった、ということなら問題ないでしょう。

だって食べないよりリンゴを食べた方がマシでしょう?

そう言い聞かせて食べない日を過ごしていました。

不思議と次の食事ではパクパクと食べてくれたりするものです。

スポンサーリンク

離乳食を食べない…疲れた時や作りたくない時はベビーフード!

なぜだか市販のベビーフードに頼るのには抵抗がある‥と思いがち。

でもたまには頼ってみてください。

赤ちゃんって、お手製の味の薄い離乳食よりも、もう少ししっかりと味のついたベビーフードの方がよく食べたりする。

だから市販よりも手作りで‥と思い込んでしまいます。

しかし市販のものは栄養バランスを考えて作られていたり、赤ちゃんの健康を考えて味付けされています。

そう考えるとベビーフードに頼るのは良くない‥と思うなんてもったいない!

疲れた時や赤ちゃんが全然食べてくれない時には有効活用しましょう。

私は1人目の時は、ベビーフードを使ってはいけない!と思い込み、旅行やお出かけ以外では使いませんでした。

しかし2人目の時はベビーフードは悪じゃない、と言い聞かせ、常に家にストックしていました。

今日は疲れたな‥という時や、最近あんまり食べてくれないな‥という時には何の躊躇もなくベビーフードをあげました。

パクパクとおいしそうに食べてくれ、準備も後片付けも楽だし、お互いに楽しい離乳食の時間を過ごすことができました。

それでもやっぱりベビーフードを頻繁にあげるのはちょっと‥というのであれば、ベビーフードにお手製の離乳食を混ぜる、という方法もありです。

味が濃すぎない?とか野菜は本当に足りてるの?と、気になるのであればおかゆを混ぜたり、すりつぶした人参を混ぜたり。

ベビーフードを使うことに罪悪感を感じていても、そうすることで少しは罪悪感が和らぎました。

スポンサーリンク

離乳食どうやっても口開けない!まとめ

離乳食の一番の目的は、食べることって楽しいよ!ということを知ってもらうことだと私は思っています。

だから、たくさん食べさせなければ!なんて思う必要は全くないのです。

それでもついつい必死になって頑張ってしまう。

真面目なお母さんほどそうなりがちです。

そんな時は赤ちゃんの顔を見てあげてください。

笑っていますか?泣いていますか?どんな顔をしていますか?

その時、あなたはどんな顔をしていますか?

お互いに笑って楽しいごはんの時間が過ごせますように!

スポンサーリンク