塩蔵わかめって腐る?常温で保存していいもの?保存期間や生で食べられるかもご紹介!

塩蔵わかめって腐る?常温で保存していいもの?保存期間や生で食べられるかもご紹介! 食べ物

塩蔵(えんぞう)わかめは、腐るとカビが生えたり、悪臭がしたり、ぬるぬるしたり、茶色(赤っぽく)変色します。

見た目や臭いですぐに判断できるでしょう。

塩蔵わかめは、塩漬けされているので腐りにくいものです。

それでも保存期間を過ぎていたり、保存方法が悪かったりすると腐ることが考えられます。

冷蔵や冷凍では長持ちしますが、常温では日持ちしません。

この記事では、塩蔵わかめが腐るとどうなるのか、また、覚えておきたい塩蔵わかめの保存期間や、食べ方などをご紹介していきます。

スポンサーリンク

塩蔵わかめが臭い!腐るとどうなるの?

塩蔵わかめは、腐るとカビや変色やネバつきの他に、臭い!と感じるくらい悪臭がしてきます。

もったいなくても食べずに処分しましょう。

塩蔵わかめは腐るとどんな状態になるのか、更に詳しくご説明します。

臭いにおいがする

塩蔵わかめが腐ると、臭いにおいがしてきます。

乾燥わかめと違い、塩蔵わかめはもともと磯の臭いがします。

それが腐ると、磯の香りとは違う、腐敗臭というか、変な臭いがするようになります。

少しでも臭いな、変だな、と感じたら、その塩蔵わかめは食べないようにしましょう。

塩蔵わかめにカビが生える

塩漬けされている塩蔵わかめでも、保存状態が悪いと湿気を吸いこんでしまい、カビが生えてしまうことがあります。

塩蔵わかめに白いフワフワしたものが生えているのなら、カビたと判断して全て処分しましょう。

カビてしまった部分だけ取り除けば良いようにも思えます。

しかし、カビの胞子(ほうし)は肉眼では見えないだけで、既に塩蔵わかめ全体にカビの胞子が付着している可能性も。

というわけで、カビが生えた塩蔵わかめは全部処分した方が安全です。

ぬるぬるネバネバになる

塩蔵わかめは、腐るとぬるぬるやネバネバした状態になってしまいます。

ちょっと怪しいなと思ったら、触ってみて食べるかどうか判断しましょう。

(ネバネバしていたら臭いもするかなと思います)

茶色(赤っぽく)変色している

塩蔵わかめは、腐ると赤っぽい色に変色してしまいます。

一部分でも赤っぽく変色していたら、その塩蔵わかめは全部捨てた方が良いでしょう。

塩蔵わかめはこれらの状態になっていないかよーくチェックして、食べるかどうか決めてください。

スポンサーリンク

塩蔵わかめの保存期間はどれくらい?常温保存できるの?

塩蔵わかめは常温保存できますが、常温での保存期間は4~5日程度です。

※季節にもよります

常温ではあまり日持ちしないのでおすすめできません。

冷蔵や冷凍は日持ちします

塩蔵わかめは、冷蔵庫で保存している方が多いと思います。

冷蔵すれば3ヶ月~半年もちますよ。

そして冷凍保存の場合は、なんと約1年程度は保存期間を延ばすことができます!

冷蔵で、3ヶ月~半年も日持ちするのは助かりますね。

(日持ちすると思うとつい油断してしまうのですが…)

いくら塩漬けされている塩蔵わかめでも、常温だと保存期間は数日程度。

ぜひ冷蔵庫か冷凍庫で保存してくださいね。

スポンサーリンク

塩蔵わかめは冷凍保存がおすすめ!

個人的には、塩蔵わかめを冷凍保存しておくのがおすすめです。

保存期間が長く、鮮度を保てるので安心ですよ。

先ほどご紹介したように、冷凍なら1年くらい日持ちします。

使う頻度によって、例えば半分は冷蔵で、残り半分は冷凍しておくというのもいいですね。

冷凍保存の方法

塩蔵わかめを冷凍する場合は、まず塩蔵わかめを小分けにしてラップで包みましょう。

それをフリーザーバッグに入れて、空気を抜いて密封してから冷凍すればOK!

冷凍した塩蔵わかめを食べる際は、お湯をかけて解凍しつつ、塩抜きもすればすぐに調理に使えますよ。

ちなみに、冷蔵する場合も、開封したらなるべくフリーザーバッグに入れて、密封してから冷蔵保存してくださいね。

そうすれば腐るスピードも落ちるし、カビが生える心配もありません。

塩蔵わかめは常温での保存期間が長くないので、保存の仕方にはくれぐれも注意しましょう。

スポンサーリンク

塩蔵わかめって加熱せずに生で食べられるもの?

塩蔵わかめは、茹でてから塩漬けにされています。

真水に5分さらして塩抜きさえすれば、再度加熱せずにそのまま生で食べられるものなんですよ!

(茹でてありますが)

塩蔵わかめを食べる際は、以下の方法で下処理と調理をしましょう。

塩蔵わかめの塩抜きをする

塩蔵わかめは塩漬けにされているため、そのままではしょっぱくて食べることができません。

そのためまずは塩抜きが必要。

ボウルや器などに水を張り、そこに調理する分だけ塩蔵わかめを入れて浸しておきましょう。

するとだいたい5分ほどで塩抜き完了です。

ちなみにこの時、2~3回水を換えると、よりしっかり塩抜きができます。

食べやすい大きさにカット

あとはカットするだけです。

塩抜きした塩蔵わかめは、だいたい2~3倍くらいの大きさに広がっているので、食べやすい大きさにカットしましょう。

カットしたら味噌汁の具材にしたり、サラダのトッピングにしたり、酢の物など料理に使ってくださいね。

現在わが家では乾燥わかめを使うことが多く、塩蔵わかめの出番は少なくなってます。

塩蔵わかめは、ちょっと厚めで噛み応え(食べ応え)のある部分があっていいですよね。

子供の頃、味噌汁用に、塩抜きした塩蔵わかめを1枚1枚広げて切って…、とお手伝いをしていたことを思い出しました。

ちなみに、水で戻してカットしたわかめを冷凍してもいいみたいです。

戻しすぎちゃった~、なんて時にいいですね。

スポンサーリンク

塩蔵わかめって腐るとどうなる? まとめ

塩蔵わかめって、今まで読み方を知りませんでした…。

(名前を呼ぶこともないのでなんとなくスルー)。

塩蔵わかめが腐ると、臭いやカビ、ぬるぬるになったり茶色っぽく変色するなどの状態になります。

そうならないためにも、塩蔵わかめはフリーザーバッグに入れて密封してから冷蔵保存するか、小分けにしてから冷凍保存するのがおすすめ。

保存期間も長くなるし、腐る心配もありませんよ。

そして塩蔵わかめは既に製造段階で1度加熱済みなので、再度加熱しなくても、生で食べられます。

ただし塩抜きは絶対に必要なので、料理する際は忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク