久しぶりに着る服がかゆい!衣替えの時は洗濯してから着るべき?ダニによるかゆみや臭いときの対処法も紹介

久しぶりに着る服がかゆい!衣替えの時は洗濯してから着るべき?ダニによるかゆみや臭い時の対策も! 季節・イベント

衣替えした時などのしばらく着ていない服は、基本的には洗い直さなくても大丈夫です。

しかし「久しぶりに着る服がかゆい…」と感じる場合。

もしかしたら、ハウスダスト(ダニやカビ、ほこり)の影響で、かゆみが出たのかもしれません。

洗濯しましょう!

ただしダニが原因の場合は、洗濯しても残ってしまうようです…。

その場合、60℃以上にするのが効果的です(乾燥機やアイロンなど)。

また、久しぶりに着る服がくさい場合は、汚れ残りや湿気によるカビ、防虫剤のにおいが考えられます。

洗ったり、天日干ししましょう。

ダニや臭い対策には、湿度が上がらないように除湿したり「ダニ捕りロボ」などを置くのが効果的です。

タンスの引き出しなど、狭い場所にはプチサイズもあります。

 \ 簡単!置くだけ /

また、大切な服は、保管してくれる宅配クリーニングを活用すると安心です。

せんたく便やリナビスが人気です。

→ せんたく便はこちら(公式サイト)

→ リナビスはこちら(公式サイト)

久しぶりに着る服は洗う…?かゆいなら洗うべき

洋服の衣替えの時に気になるのが、洗濯してから着るべきなのかということ。

「洗ってから収納しているので、洗い直さなくてもいいのでは?」

そう思った人は、正解です!

もちろん、収納の際にはしっかりと洗っていることが前提です。

もし、服を着た際にかゆみを感じたら、迷わずに洗濯をしましょう。

しばらく着ていない服がかゆいのはなぜなのか解説

では、収納するときにちゃんと洗濯しているのにどうしてかゆみが出てしまうのでしょうか?

かゆい理由には、服の素材やハウスダスト(ほこり、カビ、ダニ)などがあります。

中でも気を付けたいのがダニです。

ダニ、と聞くとショックを受けてしまいますよね。

たんすやクローゼットにダニが住んでいるのかと思うと、ゾッとしてしまうと思います。

でも実は、ダニってどの家にもたくさんいるんだそうです。

そのほとんどは人に影響のないダニなんですが、一部のダニが、刺したりアレルギーや喘息の原因になっています。

ダニは意外としぶとく、洗濯をしただけでは死んでくれないことが多いんだそう。

洗ってもかゆい場合は、ダニが原因かもしれません。

続いて、ダニが原因で痒いときの対策をご紹介します。

スポンサーリンク

衣替えするときに注意したいのは、ダニによるかゆみ!

先ほどお伝えしたように、衣替えや久しぶりに着る服がかゆい場合は、ダニの可能性があります。

(死骸や糞の場合も)

ダニが原因でかゆい場合は、洗濯しただけでは解決しないかもしれません。

洗濯してもダニは死なず、むしろ、洗濯すると他の服にも広がってしまうとか。

ダニは、高温多湿を好みます。

温度は20℃~30℃くらい、湿度は60%以上。

逆に「60℃以上の高温と、乾燥には弱い」ため、洗濯乾燥機があれば、乾燥機に入れるのが手っ取り早いでしょう。

熱いお湯に浸したり、スチームアイロンを使うことも有効です。

一見よさそうな天日干しは、温度が足りないのであまり効果がないそうですよ。

どれも面倒な場合や、高温に耐えられない素材の場合は、クリーニングに出しましょう。

今は宅配クリーニングもあります。

家での保管が心配なら、そのまま預かってもらう方法もあるので、大切な服は保管クリーニングだと安心ですね。

保管クリーニングのお店はたくさんありますが、せんたく便(最大11ヶ月保管)やリナビス(最大12ヶ月保管)が人気です。

>> せんたく便はこちら(公式サイト)

>> リナビスはこちら(公式サイト)

ダニ退治なら、ベッドやソファー、カーペット、クローゼットなどに簡単置くだけの「ダニ捕りロボ」や「ダニピタ君」がおすすめです。

口コミでも高評価なので、お困りの方はぜひチェックしてみてください。

私は服を着てかゆいと思ったことがないので、衣類にダニは発生していないのかなと思います。

…鈍感なだけなのかもしれません。

ちなみにわが家では、洗濯槽がカビるのが嫌で、もったいないかなと思いつつも洗濯後に毎回、洗濯槽の乾燥をしています。

多分30分くらい回っています。

洗濯でダニが広がるというのなら、定期的に洗濯槽を高温乾燥させるのも良い方法かもしれません。

スポンサーリンク

久しぶりに着る服が臭い!原因や対処法

久しぶりに着る服のかゆみや対策についてお伝えしました。

しばらく着ていない服の悩みは、かゆいことの他ににおいもありますね。

久しぶりに着る服がくさい場合は、洗濯したり、風通しのよいところで干したりしましょう。

スッキリしない場合は、酸素系漂白剤でつけおきしたり、大切な服はクリーニングに出す方法もあります。

>> せんたく便はこちら(公式サイト)

>> リナビスはこちら(公式サイト)

においには、しまっておいた時の独特のこもった臭いや、カビっぽい臭い、防虫剤のにおいがあります。

また、衣類に残った汗や皮脂汚れが、臭いの原因になることも。

ちゃんと洗ったつもりでも、服の汚れが落ちていないことがあるんですね。

梅雨や夏などは湿度と温度が高いので、カビやダニが好む環境になります。

そのため、衣装ケースなどにしまい込んでいると、こもった臭いになったり、カビやダニが発生しやすくなります。

フケやアカ、皮脂などは、ダニやカビのエサになります(ホコリにも含まれています)。

調べたところ、カビもダニのエサになるんだとか。

除湿機で湿度を下げたり、ダニ捕りロボなどを置くようにするとよいでしょう。

ちなみに私は、久しぶりに着る服の洗濯って基本的にはしていません。

クローゼットや収納スペースから出した服を、そのまま着てしまっています。

こもった臭いがすることはたまにあります。

(粉せっけんで洗っているので、長く保存していると石けん洗濯特有のにおいがすることがあります)

臭いがきついときだけは洗い直します。

ただ、実家に住んでいたときには、 洗濯してから着ることもありました。

それは防虫剤の臭いが気になったからです。

今の防虫剤はそうでもありませんが、昔の防虫剤は、鼻につくにおいを発していましたから…。

スポンサーリンク

久しぶりに着る服のかゆみや臭いを防ぐ方法

久しぶりに着る服のかゆみや臭いを防ぐには、洗濯してからしまいましょう。

皮脂や汗などの汚れが原因で、ダニやカビ、臭いの元になります。

しまう前には必ず、しっかり洗濯したり、クリーニングに出しましょう。

ダニ予防の仕上げ剤を使ってもいいかもしれません。

収納の際に、防虫剤や除湿剤(乾燥剤)を使うこともおすすめです。

匂いの少ない防虫剤を使えば、洗い直しの必要もなくなりますよ。

部屋全体を除湿できればベストですが、なかなか難しいですよね。

クローゼットや収納ケースには、天日干しで繰り返し使える除湿剤や、狭い場所向けの除湿機を活用すると良いでしょう!

カビやダニなどは湿気を好みます。

できれば、時々空気の入れ替えをするといいですね。

常にサーキュレーターを回しておいても。

(密閉することで防虫効果があるのなら、収納ケースは開けない方がいいかもしれません。防虫剤のパッケージで、使い方を確認してくださいね)

スポンサーリンク

クローゼットを工夫して衣替えしない収納に!

衣替えで痒かったり臭かったりすると、そのたびに洗濯したりするのが大変ですよね。

とくに、ダニによるかゆみの場合は、衣替えのたびに不安な思いをするでしょう。

思い切って、衣替えしない収納にしてみませんか?

タンスや収納ケースにしまうのは最小限にして、ハンガー収納をメインにする方法です。

しまい込まないことで風通しがよくなり、かゆみの原因となるダニや、臭いの予防にもなります。

私もハンガー収納をメインにしていますが、出したりしまったりする必要がないので、とても楽ちんです。

また、パッと見て、どの服があるのかがすぐにわかるので、無駄に洋服を買い足してしまうこともありません。

「今日は少し寒いな」

「昨日よりもちょっと暑いから半袖の服が着たい」

そんなときにも、すぐに取り出せるのでおすすめですよ。

タンスや収納ケースと同じく、除湿剤やダニ捕りロボなどを置いておけばバッチリです。

衣替えの際には、しまわない収納法も試してみてくださいね。

久しぶりに着る服がかゆい! まとめ

しばらく着ていない服で気になる「かゆみ」を中心にご紹介しました。

衣服を収納する際にしっかりと洗濯をしていたら、着る前に再び洗い直す必要はありません。

しかし、かゆみが気になる場合はダニを疑いましょう。

洗い直しやクリーニングでの洗濯、高温の乾燥機やアイロン、ダニ捕りグッズをおすすめします。

また、クローゼット(ハンガーラック)を活用した衣替えしない収納にすれば、しまい込むこともなくなります。

「洗い直さなくても大丈夫かな?」といった心配からも解放されますよ。

衣替えの際に、ストレスフリーになるように対策をしてから、衣類の収納を行いましょう。

\ 置くだけなので簡単!/

大切な服は、保管クリーニングもおすすめです。

>> せんたく便はこちら(公式サイト)

>> リナビスはこちら(公式サイト)