子供の英会話は無駄?小さいうちから英語に触れあう機会を!

子供の英会話は無駄?小さいうちから英語に触れあう機会を! 子育て

英会話を子供に習わせるのは無駄でしょうか?

英語は3歳からでは遅いという声もあるようですが、何歳から始めても継続しないとすぐに忘れてしまうもの。

どのようなレベルを求めるかにもよりますが、始める年齢よりも、続けることが大切です。

また、小さなうちから英会話に慣れておくことで、英語への恐怖心がなくなりますよ。

今回は、子供に英会話を習わせても意味ないのか?いつからが効果的なのかなどをお伝えします。

スポンサーリンク

子供に英会話を習わせても意味ない?

「子供に英会話を習わせても意味がない」

そう考える人も少なくありません。

しかし、習わせても意味ない・無駄だ、ということは決してありません。

英語が話せることでメリットはたくさんあります。

わたしの友人やママ友も、子供への英会話の重要性を感じている人が多くいますよ。

また、英会話に限らず習い事は、趣味や見識を広げることにつながります。

余談にはなりますが、わたしが0歳の頃、教育熱心な両親が英語教材を購入して、わたしに毎日のように聞かせていたそうです。

将来英語が話せる女性になってほしいと願っていたようですが、結局英語はそこまで話せるようにはならず。

今も中学校で習う程度の英会話しかできません。

学生時代や会社員時代には、ときどき街を歩いていると、日本人ではない旅行客から英語で話し掛けられることがありました。

しかし満足に会話はできませんでした…。

日常的に英語に触れあう機会を

おそらくですが、小さいうちから英語を習わせて身につく子とそうでない子の差は、

「日常的に英語に触れあう機会があるかないか」

ではないでしょうか。

例えば、両親が英語堪能であれば、子供もおのずと話せるようになります。

(わたしの親戚のお子さんがそうでした)

子供はものすごく吸収が速いですが、やめてしまうとどんどん忘れて新しいことを覚えていくので、継続が大切だと思います。

わたしには1歳半になる赤ちゃんがいます。

まだ英会話を習わせてはいませんが、日常生活においてできる範囲内で英語を使って話し掛けています。

またYouTubeの英語チャンネルを見せたりもしていますよ。

できればわたしのように英語が不得意な大人にはなってほしくないのが本音です。

子供が小さなうちは、習い事を決めるのは親の役目です。

もし「英会話を習わせたいな」と考えているのなら、家の近くにある教室へ見学に行ってはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

子供に英会話を習わせるのはいつから?

子供に英会話を習わせることを検討していますか?

いつから子どもに英会話を習わせるのがベストなのか…は、できれば早めが良いでしょう。

(どのくらいのレベルを求めているのかにもよります)

英語は小学3年生から必須科目になります。

本格的に外国語として学び始めるのは高学年からです。

地域差もありますし、公立の小学校と私立の小学校では、本格的に勉強に取り入れ始める時期は若干異なる場合があります。

上記のようなスケジュールはあくまでも目安ですが、大体10歳前後から学校でも英語に触れることが増えてきます。

できれば、授業に追いつけなくなることがないよう、早めに英会話に触れさせておきたいですよね。

授業が始まってから習うよりも、それ以前から英会話を習っておくことで、自信にもつながります。

わたしの子供(1歳半)には、まだ英会話を習わせてはいません。

しかし、周りの友人やママ友の中には、子供に英会話を習わせている家庭がありますよ。

私の子供と同じくまだ1歳なので、もちろん話すことはできません。

幼児向けの英語教材で有名な「こどもちゃれんじ」に入会して、小さなうちから英語に触れ合わせています。

>> こどもちゃれんじEnglishはこちら(資料請求もできます)

また両親ともに英語力が堪能な親戚がいるのですが、家の中で英語を使うようにしているそうです。

子供は3歳になりますが、英語でも日本語でも会話ができます。

すごいですよね。

子どもは、大人には想像もできないスピードでさまざまなことを吸収していきます。

必ず小さいうちから英会話を習わせなくてはいけない、といったルールはありません。

ですが両親が「英会話を習わせたい」と思っているのなら、小さなころから英語に触れあう機会を持たせてみてはいかがでしょうか。

英語が話せない0歳や1歳からでも、英語に触れあう機会は持てます。

ぜひ検討してみてくださいね。

続いての項目では、おすすめの英会話教室をご紹介します。

スポンサーリンク

子供用のおすすめ英会話教室について

未就園児でも通える英会話教室は、たくさんあります。

もちろんまだ日本語もしっかりと話せない年齢なので、英語に触れあう機会を持つことが目的です。

ですが楽しく歌や音楽にあわせて英語を習うことができるので、ぜひ気になったら見学に行ってみてください。

ヤマハ英語教室

ピアノで有名なヤマハでは、0歳から入会できる英語教室を開催しています。

両親も一緒に教室に通うので、授業風景を知ることができるのは最大のメリットです。

年齢に応じて教室で行う英語教育のレベルがアップしていくので、長期的に通うこともできます。

プリスクール

プリスクールという言葉に耳なじみはありますか?

日本では、英語に触れあうことを重視した保育園や幼稚園のことを差しています。

わたしの住む地域にもプリスクールが2つあります。

時々、ネイティブの先生が子供たちを引率して、公園で外遊びをしているのを見かけますよ。

スクールに通わせることで、英語が日常になるので、吸収率もあがるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

子供に英会話を習わせることについてまとめました。

生きていくうえで必須にもなっている英会話。

小さなうちから英会話に触れさせることは決して悪いことではありません。

英会話を継続して続けていくことで、確実に身につくといえるでしょう。

もし家の近くに子ども向けの英会話教室があるようなら、見学をおすすめします。

教室風景を見て「ここなら良さそう」と思ったら、一度習わせてみるのも手ですよ。

スポンサーリンク