シャボン玉は何歳から使える?飲んでも大丈夫なシャボン玉ってあるの?赤ちゃんも楽しむ方法!

シャボン玉は何歳から使える?飲んでも大丈夫なしゃぼん玉ってある? 子育て

子どもが大きくなってきたら、シャボン玉で遊ぶのも楽しいですよ。

ただし、子供が吹くなら対象年齢を確認しましょうね。

販売されている多くのシャボン玉液は、3歳以上からの使用が勧められています。

2歳頃までだと、誤って飲んでしまう恐れもあるので必ず使用年齢は守りましょう。

今回は、しゃぼん玉は何歳から使えるのかや、飲んでも大丈夫なしゃぼん玉、簡単手作り吹き具についてお伝えします。

実際に、私の1歳半の赤ちゃんと遊んだ、安心して使える商品もご紹介します!

ぜひ、シャボン玉を遊びのひとつに加えてくださいね。

スポンサーリンク

シャボン玉を使うのは何歳からがいいの?

シャボン玉は何歳から吹けるのかというと、だいたい3歳以降です。

パッケージに記載されている対象年齢を確認してくださいね。

対象年齢より幼い場合には、使用を控えましょう。

もっと小さい子供はしゃぼん玉で遊べないのかといういと…、代わりに親などが作ってあげれば大丈夫!

1歳半の赤ちゃんとシャボン玉で遊びました!

赤ちゃんとシャボン玉遊びをするなら、親が吹いてあげましょう。

私には、1歳半になる子どもがいます。

まだまだシャボン玉で遊ぶことはできませんが、先日、シャボン玉セットを購入しました。

私や夫がシャボン玉を作ってあげて、子供がシャボン玉を追いかけて遊んでいます。

この方法なら、シャボン玉液の誤飲も防げますし、楽しくておすすめですよ。

公園に持っていき、シャボン玉を膨らませていると、大人である私たちも楽しくなってきました!

公園にはわが家以外にも、遊びに来ている子たちがいました。

私たちの作ったシャボン玉を追いかけたり、割ったりして遊んでいましたよ。

子供だけでなく、大人も楽しくなってしまうのがシャボン玉です。

私も数十年ぶりにシャボン玉で遊びましたが、大満喫しました。

まだ低年齢の場合は、ママやパパがシャボン玉を作ってあげるなどして、遊んでみてくださいね。

きっと喜んでくれるはずですよ。

スポンサーリンク

飲んでも安心なシャボン玉って?

シャボン玉の中には、飲んでも安心なものもあります。

ネット通販では「飲んでも平気」というシャボン玉も多く売られています。

飲んでも大丈夫というのは、万が一誤飲してしまっても問題があまりないということです。

子どもが明らかに飲んでしまっているようなら、必ず止めてくださいね。

ここでは2つのおすすめ商品をご紹介します。

トモダ シャボンちゃんのシャボン玉液


シャボンちゃんのシャボン玉 《シャボン玉石けん》

シャボン玉石鹸で知られている、シャボンちゃんのシャボン玉液です。

シャボン玉液だけでなく吹き具も国内生産のため、安心して使うことができますよ。

無添加で安全性の高い原料で作られているので、万が一誤飲してしまっても慌てずに対処しましょう。

かかりつけの小児科医に相談するなどしてくださいね。

はじめてのシャボン玉

特に、はじめてのシャボン玉におすすめの商品です。

私は万が一、子どもが舐めてしまったときのことを考えて、このシャボン玉を購入しました。

100円均でも売っているので、ぜひチェックしてください。

このシャボン玉は、全国シャボン玉安全協会推奨商品です。

品質がしっかりとチェックされているので、初めてシャボン玉を扱う子どもにもおすすめです。

国内生産している点でも、安心感を得られますよ。

「こんなにシャボン玉って上手に簡単に作れるの?」

と感じるくらい、ひと吹きで大量のシャボン玉を作ることができます。

とても性能の良いシャボン玉なので、おすすめです!

スポンサーリンク

シャボン玉の吹き具を子供と作ろう!

「シャボン玉液はあるのに、吹き具がない」

「子供と一緒に作れる道具を作ってみたい」

そんな時に、簡単に吹き具を作る方法があります。

材料はストローとはさみだけですよ。

もしかしたら幼い頃に作ったことがある人もいるかもしれません。

作り方をご紹介しますので、参考にしてくださいね。

1)ストローの先端に切り込みを入れる

まずは、ストローの先端に、並行になるように切り込みを入れます。

大体3cmほどの切り込みを、8ヶ所くらいに入れましょう。

細めのストローの場合は、切り込みの数を減らしても。

切り込みのイメージですが、ヒマワリの花を思い出してみてください。

太陽に向かって花を咲かせますよね。

ストローの切り込みも花びらのように、外側へ少し曲げます。

切り込みが折れてしまわないように、気を付けてくださいね。

2)空気穴を作る

続いては、誤飲を防ぐための空気穴を作ります。

空気穴は、手で持つ部分の少し上あたりに作りましょう。

ストローを折り曲げて、はさみでかどをちょっとカットすると簡単に空気穴を作ることができますよ。

四角い(ひし形の)の穴があくと思います。

穴の大きさは、長いところで1cmあるかないかくらいが目安です。

↓ ストローが透明なのでかなり見づらいですが…こんな感じです。

シャボン玉 吹き具(ストロー)

吹き具はとても簡単に作ることができます。

子どもと一緒に遊ぶことができて楽しいですよ!

スポンサーリンク

シャボン玉はいつから? まとめ

子どもと一緒に遊べる、シャボン玉についてご紹介しました。

シャボン玉いつから吹けるかというと、3歳くらいからです。

赤ちゃんの場合は、親やお兄ちゃん、お姉ちゃんが吹いてあげてくださいね。

また、飲んでも大丈夫というシャボン玉を2つご紹介しました。

国内生産されていたり、無添加で作られているものを率先して選ぶと安心です。

飲んでも安心だからといって、飲んでいいわけではありません。

万が一飲んでしまった場合は、かかりつけの小児科医に相談をしてくださいね。

吹き具も、ストローとはさみがあれば、簡単に作ることができます。

時間があれば、子供と工作してみてくださいね。

シャボン玉は子供だけでなく、大人も楽しくなってしまう遊びです。

ぜひ、日頃の遊びに取り入れてくださいね!

スポンサーリンク