オーブントースターのヒーターに焦げや煙が!どうする?ヒーター管って交換できるの?

オーブントースターのヒーターが焦げや煙が!どうする? 生活

オーブントースターのヒーターが焦げると、煙が出たり焦げ臭いにおいがしたりするので、火事にならないかなと心配になりますよね。

多少の汚れの場合は、使っているうちにきれいになるので、そのままでも大丈夫ですよ。

焦げ付きや汚れを落とす場合も、簡単にお掃除できます。

100円均でも売っている、セスキ炭酸ソーダ水が便利です。

ヒーターに油が垂れて煙が…ってことが多いですよね。

ヒーターの掃除をしたら、次からは焦げないよう、使い方にも注意しましょう!

ヒーター管が故障した場合は交換もできますが、買い替えた方が安いかもしれません。

スポンサーリンク

オーブントースターのヒーターに焦げがついてしまった

オーブントースターのヒーターの焦げは、割と多くの人が経験しています。

ヒーターにしっかりとこびり付いてしまっている焦げですが、取扱説明書にはお手入れ方法が載っていませんでした。

ヒーター部分は、汚さない使い方をすることが前提なのかもしれませんね…。

(多少の汚れは、使っているうちにきれいになるのでそのままでも大丈夫ですよ)

ヒーターも掃除はできます。

ただしヒーターは力に弱いので、ゴシゴシこすったりして衝撃を与えないように気を付けてくださいね。

掃除で壊してしまったら意味がないので…。

※必ず電源プラグを抜いて、ヒーターが完全に冷えてから行ってください

ヒーター部分の掃除方法

準備するものは、セスキ炭酸ソーダ水とキッチンペーパー2~3枚です。

まずは、セスキ炭酸ソーダ水を用意します。

セスキ炭酸ソーダ水は、薬局や100円ショップで購入できます。

わが家では、100円ショップで購入したセスキ水を使っていますが、本当に万能で助かっています。

もちろん、セスキ水を自分で作ってもOKです。

スプレー容器で作りましょう。

水500mlにセスキ炭酸ソーダ小さじ1~2杯を入れて混ぜるだけ!

準備ができたら、熱を帯びていない状態のヒーターに、セスキ水を吹きかけましょう。

焦げ付いた部分を重点的に濡らしてくださいね。

続いてはキッチンペーパーです。

焦げ付いた部分に当てて使用します。

セスキ炭酸ソーダ水の水分を利用して、パックするように当てましょう。

10~20分ほど放置しておくと、汚れが浮いて、落ちやすくなっていますよ。

濡れたキッチンペーパーで拭き取り、掃除は完了です。

ヒーターは衝撃に弱く、繊細です。

コツはあまり擦らないこと。

セスキ炭酸ソーダ水を利用してパックする方法なら、こすらずに汚れを落とすことができますよ。

スポンサーリンク

オーブントースターのヒーターの焦げから煙が!

オーブントースターの使用中。

何か焦げ臭いなと思ったらトースターから煙が!ということも、たまにありますよね。

よくある原因は、ヒーターに油などがついて焦げたことです。

煙が出ていたら、まずは使用を止めましょう。

汚れが原因の場合、ヒーターが完全に冷めてから汚れを拭き取りましょう。

使い方が原因なら、今後は気を付けましょうね。

煙が出る原因

煙が出る原因はいくつかあります。

  • バターやマーガリンなどの油が垂れてしまった
  • 庫内にたまった汚れが焦げた
  • ヒーターにアルミホイルやクッキングシートがあたって焦げた
  • 新品
  • 寿命

1つずつご紹介します。

ヒーターに油が垂れた

まずは、パンを焼いているとき。

バターやマーガリンを塗ったり、マヨネーズやチーズをのせて焼く人も多いですよね。

油分がたれて、ヒーターに落ちると煙が出てしまいます。

面倒でも、パンを焼く時はアルミホイルを敷くとか、付属のトレーにのせて焼くのがベストです。

本来は、これが正しい使い方なんですね。

(そのため、ヒーターは基本、焦げ付かない前提なのでしょう)

普段そのまま焼いていると思いますが(私もその1人)、トースターの使い方にも注意しましょう。

トースターの汚れが焦げた

オーブントースターを長く掃除していない場合。

庫内にたまった汚れが焦げて、煙が出ることがあります。

庫内の掃除をしましょう。

クッキングシートやアルミホイルが焦げた

オーブントースターの網の上に、アルミホイルやクッキングシートを敷いていませんか?

端の部分がヒーターに触れて、焦げている可能性があります。

最悪の場合、火が出る可能性もあるので注意しましょう(特にクッキングシート)。

トースターが新品の場合

意外なのが、オーブントースターが新品だからという理由です。

オーブントースターの庫内には、防錆用の加工油が塗ってあります。

その加工油が焼けるときに、煙が出る可能性があります。

トースターが寿命の場合

また、寿命の場合にも煙が出ることがあります。

庫内を掃除したり、正しく使用したりしても煙が出る場合は、オーブントースターが寿命を迎えているのかもしれません。

その際には使用をストップして、新しいものに買い替えることを検討しましょう。

スポンサーリンク

オーブントースターのヒーター管は交換可能?

オーブントースターのヒーター管は、メーカーによっては交換可能です。

費用がかかりますが、サポートセンターなどで対応してくれる場合がありますよ。

中には自分で部品を取り寄せて交換する人もいます。

しかし分解したり、取りつけたり…などの作業が必要になるので、家電に詳しくない人にはおすすめできません。

(私もできません)

組み立て方を間違えたオーブントースターを使うのは、とても危険です。

交換するより買ったほうが安いかも

また、ヒーター菅の交換費用は高くつくことも多いです(数千円~1万円くらいみたいです!)。

新品のオーブントースターを購入した方が安上がりの可能性が高いです。

トースターは2000円くらいからありますもんね…。

オーブントースターのヒーター管が故障しなくても済むように、日ごろから使い方に気を付けたり、掃除や手入れなどをして、大切に使いましょう。

スポンサーリンク

まとめ

オーブントースターのヒーターについた焦げの掃除方法や、煙が出てしまっている場合の原因についてご紹介しました。

オーブントースターのヒーター管はとても繊細です。

衝撃に弱いので、掃除の際には、あまりこすらないように注意しましょう。

オーブントースターは故障すると、修理か買い替えしなくてはいけません。

できれば日頃から、正しい使い方や掃除を心掛けて、長く使うことを心掛けたいですね。

関連記事

トースターの網についた焦げの落とし方!金網が外せないときは?
トースターの網についた焦げを落とすには、金網を熱湯に浸けた後、台所洗剤でこするだけ。割と簡単にお掃除できますよ。頑固な汚れや外せない網の焦げ付きはセスキや重曹がおすすめです。網についた焦げの落とし方をくわしくご紹介します。
トースターのパンくず掃除!パンくずトレイにはアルミホイルを!扉の掃除は歯ブラシやセスキで!
トースターってパンくずですぐに汚れますよね。掃除を楽にするには、パンくずトレイにアルミホイルを被せておくのがおすすめ!何度か再利用もできます。また、なぜかたくさんパンくずが溜まる扉の掃除方法についてもご紹介します。
スポンサーリンク