オーブントースターのヒーターに焦げや煙が!汚れの落とし方や焦げる原因、ヒーター管の交換について

オーブントースターのヒーターに焦げや煙が!汚れの落とし方や焦げる原因、ヒーター管の交換について 生活

オーブントースターのヒーターが焦げると、煙が出たり焦げ臭いにおいがします。

火事にならないか心配する人もいるでしょう。

多少の汚れは使っているうちにきれいになるので、そのままで大丈夫ですよ!

ヒーターの焦げ付きや汚れを落とす場合は、優しく拭き掃除をすればOK。

また美味しくパンが焼けるでしょう。

トースターで焼くなら、素材や製法にこだわった急速冷凍パンの Pan& がおすすめです。

テレビでも話題に!
>> Pan&(パンド)はこちら(公式サイト)

ちなみに、焦げたり煙が出る原因は、油が垂れることや汚れが多いですが寿命の可能性もあります。

ヒーター管が故障した場合は、交換よりトースターを買い替えた方がいいでしょう。

やっぱり人気は、バルミューダやアラジンですね。

オーブントースターのヒーターについた焦げ汚れの落とし方

オーブントースターのヒーターの焦げは、多くの人が経験しているはず。

しかし、取扱説明書には、焦げ汚れの落とし方は載っていませんでした。

ヒーター部分は、汚さない使い方をすることが前提なのかもしれませんね…。

ヒーターも掃除はできます。

多少の汚れなら使っているうちにきれいになるので、そのままで大丈夫です!

私もほとんどそのまま使ってます。

かたまりが落ちてしまった時に拭くくらいです。

セスキ水でのお掃除をご紹介しますが、水(や、ぬるま湯)で拭くだけでもいいですよ。

ヒーターは、急激な温度変化や力に弱いです。

お手入れする時は、必ず電源プラグを抜いて、ヒーターが完全に冷えてから行ってくださいね。

ゴシゴシこすったりして衝撃を与えないように!

掃除で壊してしまったら大変なので…。

ヒーター部分の掃除方法

準備するものは、セスキ炭酸ソーダ水とキッチンペーパー2~3枚です。

まずは、セスキ炭酸ソーダ水を用意します。

セスキ炭酸ソーダ水は、薬局や100円ショップで購入できます。

わが家では、100円ショップで購入したセスキ水を使っていますが、本当に万能で助かっています。

もちろん、セスキ水を自分で作ってもOKです。

スプレー容器で作りましょう。

水500mlにセスキ炭酸ソーダ小さじ1~2杯を入れて混ぜるだけ!

準備ができたら、熱を帯びていない状態のヒーターに、セスキ水を吹きかけましょう。

焦げ付いた部分を重点的に濡らしてくださいね。

続いてはキッチンペーパーです。

焦げ付いた部分に当てて使用します。

セスキ炭酸ソーダ水の水分を利用して、パックするように当てましょう。

10~20分ほど放置しておくと、汚れが浮いて、落ちやすくなっていますよ。

濡れたキッチンペーパーで拭き取り、掃除は完了です。

ヒーターは衝撃に弱く、繊細です。

コツはあまり擦らないこと。

セスキ炭酸ソーダ水を利用してパックする方法なら、こすらずに汚れを落とすことができますよ。

これでまた安心してトーストできますね!

スッキリしたところで、美味しいパンはいかがでしょう(笑)

例えばPan&(パンド)の急速冷凍パン。

所JAPANで見た方も多いのでは?(2022.6)。

>> Pan&(パンド)公式オンラインストアはこちら

この美味しさは、トースターで焼き直した時にできたての状態になるように作られているからだと思います。

パン好きさんにおすすめです。

公式ページが充実しているので、見ているだけでも楽しいですよ!

オーブントースターのヒーターの焦げから煙が出る原因や対処法

オーブントースターの使用中。

何か焦げ臭いなと思ったらトースターから煙が!ということも、たまにありますよね。

煙が出る原因はいくつかあります。

  • バターやマーガリンなどの油が垂れてしまった
  • 庫内にたまった汚れが焦げた
  • ヒーターにアルミホイルやクッキングシートがあたって焦げた
  • 新品
  • 寿命

よくある原因は、ヒーターに油などがついて焦げたことです。

煙が出ていたら、まずは使用を止めましょう。

汚れが原因の場合、ヒーターが完全に冷めてから汚れを拭き取りましょう。

使い方が原因なら、今後は使い方に注意しましょう。

寿命かなと思ったら、買い替えを検討してくださいね。

1つずつご紹介します。

ヒーターに油が垂れた

まずは、パンを焼いているとき。

バターやマーガリンを塗ったり、マヨネーズやチーズをのせて焼く人も多いですよね。

油分がたれて、ヒーターに落ちると煙が出てしまいます。

面倒でも、パンを焼く時はアルミホイルを敷くとか、付属のトレーにのせて焼くのがベストです。

本来は、これが正しい使い方なんですね。

(そのため、ヒーターは基本、焦げ付かない前提なのでしょう)

普段、そのまま焼いている場合は(私もその1人)、トースターの使い方にも注意しましょう。

トースターの汚れが焦げた

オーブントースターを長く掃除していない場合。

庫内にたまった汚れが焦げて、煙が出ることがあります。

庫内の掃除をしましょう。

クッキングシートやアルミホイルが焦げた

オーブントースターの網の上に、アルミホイルやクッキングシートを敷いていませんか?

端の部分がヒーターに触れて、焦げている可能性があります。

最悪の場合、火が出る可能性もあるので注意しましょう(特にクッキングシート)。

トースターが新品の場合

意外なのが、オーブントースターが新品だからという理由です。

オーブントースターの庫内には、防錆用の加工油が塗ってあります。

その加工油が焼けるときに、煙が出る可能性があります。

トースターが寿命の場合

寿命の場合にも煙が出ることがあります。

庫内を掃除したり、正しく使用したりしても煙が出る場合は、オーブントースターが寿命を迎えているのかもしれません。

その際には使用をストップして、新しいものに買い替えることを検討しましょう。

スポンサーリンク

オーブントースターのヒーター管は交換可能?

オーブントースターのヒーター管は、メーカーによっては交換可能です。

費用がかかりますが、サポートセンターなどで対応してくれる場合があります。

中には、自分で部品を取り寄せて交換する人もいます。

しかし分解したり、取りつけたり…などの作業が必要になるので、家電に詳しくない人にはおすすめできません。

(私もできません)

組み立て方を間違えたオーブントースターを使うのは、とても危険です。

交換するより買ったほうが安いかも

また、ヒーター菅の交換費用は高くつくことも多いです(数千円~1万円くらいみたいです!)。

新品のオーブントースターを購入した方が安上がりの可能性が高いです。

トースターは2000円台からありますもんね…。

トースターって何年も持ちませんか?

(多分わが家のトースターは10年くらい経ってると思います)

そう考えるとコスパがいいですね。

せっかくだから、買い替えを機に、美味しくトーストができたり、多機能だったり、オシャレなトースターを選ぶのもありですね。

人気なのは、やっぱりバルミューダやアラジンのトースターです。

売れ筋をピックアップしてみましたが、口コミもとても多く、4.7点くらいとかなりの高評価でした。

わが家も、次回の購入では検討したいと思います。

まとめ

オーブントースターのヒーターについた焦げの掃除方法や、煙が出てしまっている場合の原因についてご紹介しました。

オーブントースターのヒーター管はとても繊細です。

衝撃に弱いので、掃除の際には、あまりこすらないように注意しましょう。

オーブントースターは故障すると、修理か買い替えしなくてはいけません。

できれば日頃から、正しい使い方や掃除を心掛けて、長く使うことを心掛けたいですね。

焼きたてを瞬間冷凍!
→ トースターで焼きたての美味しさに♪

>> Pan&(パンド)公式オンラインストアはこちら