小4で勉強についていけない子!小学4年生の学力差や「小4の壁」をどう乗り越える?

小4で勉強についていけない子!小学4年生の学力差どう乗り越える? 子育て

小1~小3まで勉強もしっかりついていけているしこれでもう心配なし!

…と思っていたら、小4で急に勉強についていけない?どうして!?

実は、このようなことはよくあるのです。

小学4年生は「小4の壁」という言葉があり、勉強でもつまずきやすい学年なのです。

(特に算数)

このような場合は「親が勉強についてあげる」「塾に入れる」という方法で乗り越えましょう。

放置してしまっては大変なことになります。

どうして小4で学力差が出るのか、つまずいた時の乗り越え方について、塾に勤めていた経験を元にお話します。

スポンサーリンク

小4で勉強についていけないのはなぜ?小4の壁とは?

小4で急に勉強についていけない!となるのはなぜでしょうか。

簡単に言うと、内容が難しくなるからです。

「小4の壁」という言葉があります。

小4の壁とは、反抗期のような態度を取るようになったり、自分に劣等感を抱き、勉強も苦手になってしまったりする時期と言われます。

今回は、反抗的な態度に関しては置いておき、勉強面での小4の壁に関して話をしていきますね。

小4の壁(勉強に関して)

小4で勉強についていけなくなる理由は、単刀直入にいうと「難易度が上がるから」です。

他にも色々理由はありますが、おおざっぱに言うとただそれだけです。

小3までの学習が不十分であれば、ここでいきなりツケがくるのです。

そして当然ですがその後小5・小6のほうが、難易度が上がります。

小4内容が理解できていなければもっと苦労するということになるのです。

次に、勉強の中でも特についていけないと言われる「算数」に関してお伝えします。

スポンサーリンク

小学4年生で学力差が出るのは算数!

小学4年生で特に学力差が大きくなるのは算数です。

小4では「角度(分度器)」「割り算のひっ算」「分数の足し算引き算」「垂直」「平行と四角形」「直方体と立方体」「面積」を習います。

今後につながる大事な内容ばかりですよね。

私の個人的意見としては、分度器はどうせ使わなくなるのでそんなに重要視していません。

しかし、角度に関する考え方は重要です。

さらに、「割り算のひっ算」「分数の足し算引き算」。

ここは、できるようにならなければ小学5・6年生は当然、中学校、高校も勉強ができません。

何度でも繰り返してできるようにしてあげる必要があります。

そして、平行や垂直に関する考え方も図形に関する考え方も、当然、先々重要になります。

小4の算数では文章問題が増えることもつまずきやすい

小4で学力差が大きくなる理由がもう1つあります。

それは「文章問題が増えること」です。

ただ計算するだけで良かったものが、4年生になって急に文章問題が増えるのです。

これも小学4年生でつまずいてしまう理由ですね。

この場合は国語の学習とも関連してきますが、読解力を向上させる必要があります。

スポンサーリンク

小4の壁の乗り越え方は?

では、見事小4の壁にぶち当たってしまい、勉強についていけなくなったらどうしたらよいのでしょうか?

小4の壁の乗り越え方を3つご紹介します。

小3内容までの復習をさせる

基本中の基本ですが、過去内容の復習をします。

足し算・引き算・かけ算・割り算などで苦手が残っている部分がないか、徹底的に問題を解かせて確認しましょう。

小4内容が苦手だからと、小4内容ばかり実施しても意味がない可能性もあります。

まずは、過去内容の苦手をつぶしてみましょう。

親が勉強を見てあげる

「そんな暇はないよ」という声が聞こえてきそうですが、小4で勉強についていけなくなったら親が勉強を見てあげましょう。

毎日は不可能かもしれません。

2日に1回でも、土日だけと決めてもいいです。

必ず子供の勉強を見てあげてください。

どういうところでつまずいているのか確認をすることも重要ですし、本人の勉強の仕方に問題が見つかるかもしれません。

もしかすると毎日ノートを広げていただけで、子供が書いていたのは漫画だったのかもしれませんよ?

そういう確認も踏まえて、親がチェックしてあげるべきです。

小4の壁といわれる理由には、精神的な面の壁もあります。

親がついてあげようとしても反抗するかもしれません。

しかし、叱ったり喧嘩したりするのではなく、褒めながら、子供を認めてあげながら一緒に勉強してあげましょう。

そうすることでコミュニケーションを取ることができ、それによって小4の壁の精神的な面を乗り越えることもできるかもしれません。

親が隣について勉強を見てあげることで、学習面の壁も精神面の壁も乗り越えられるかもしれません。

小4の壁を、塾に入れることで克服する

どうしても一緒に勉強を見てあげることができない、教えるのは不可能という場合は、もう塾に入れてしまいましょう。

小4の学習面のつまずきを放置することは命取りです。

大げさなように聞こえますが、小4の取りこぼしは本当に重大な問題なのです。

集団塾に通っている場合は、子供に「授業を聞いていてわからなかったところはどこ?」と聞いてあげましょう。

本人がどこにつまずいているかわかります。

個別指導塾であれば、個別で弱点を見つけ補強してもらえます。

また、最近ではタブレット学習も増えてきています。

タブレット学習では数問解くだけで、どこでつまずいているのか見つけてくれるプログラムもあります。

どの方法でもいいのですが、まずはどこでつまずいているのか発見し、解決していきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

繰り返しになりますが、小4での学習の遅れは命取りになります。

精神的な面でも不安定になり、親のサポートが大変な時期ですが、そこは親の頑張り時です。

親子二人三脚で、小4の壁を乗り越えましょう。

関連記事

塾で習うべき教科(小学生)は算数!学校の授業についていけないから塾では遅いかも!
昨今、十分な学力をつけようと思うと、学校教育だけでは足りないと言われています。小学生でも塾に行く子は多いですね。では我が家も…と考えたときに、塾で習うべき教科がわかりませんよね?全教科がもちろんいいのでしょうけど予算があるし…本当...
子供が勉強できないとイライラ!子供に勉強を教えると怒ってしまうのはなぜ?伸ばす教え方とは?
ママが家で子供に勉強を教えると、我が子が思ったより勉強ができないことにイライラ!つい怒ってしまう…。そんな時は自分の苦手なものを想像してみましょう。子どもを伸ばす勉強の教え方や、イライラの対処法、理由について紹介します。
スポンサーリンク

通信教育を検討するなら、まずは資料請求がおすすめです(無料)

>> スマイルゼミ 公式サイトはこちら

>> 進研ゼミ 公式サイトはこちら

>> Z会 公式サイトはこちら

>> 小学ポピー 公式サイトはこちら

>> ポピー Kids English 公式サイトはこちら