雨の日に自転車で濡れない方法は?カッパ以外の方法や前髪、荷物、靴などが濡れない工夫

雨の日に自転車で濡れない方法は?カッパ以外の方法や前髪、荷物、靴などが濡れない方法も! 生活

雨の日に自転車で濡れない方法は、レインウェアを使用することです。

カッパ以外なら、防水スプレーや防水カバンなどを使うといいですよ。

(傘は危険だし、禁止の地域もあります)

前髪や顔が濡れないようにするには、レインバイザー(サンバイザー)や帽子を活用しましょう。

荷物が濡れないようにするには、カゴカバーや、カバン用のレインカバーがあります。

靴にはシューズカバーを使用するのがオススメ。

レッグカバーを使うのもありです。

この記事では、雨の日に役立つグッズを紹介していますので、最後まで参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

雨の日に自転車で濡れない方法は?

雨の日に自転車で濡れないようにするには、レインウェアを使用しましょう。

レインウェアには様々なタイプのものがあります。

レインウエア上下セット

長時間自転車に乗る必要がある方には、上下が分かれているセパレートタイプのレインウェアがオススメです。

着脱に時間が少し掛かってしまいますが、全身を覆うことができるのが特徴です。

また、セパレートタイプのレインウェアは足元がすっきりしているので見やすいです。

安全な自転車走行にもうってつけのアイテムですね。

ポンチョ

ポンチョタイプのものは、着脱が簡単にできるものも多くあります。

また、上からかぶるだけなので、制服でスカートを履いている方や、リュックまで丸ごと覆いたい方などにオススメです。

一方で、下からの風に弱いというデメリットもあります。

用途に合わせて、タイプを変更してみてください。

スポンサーリンク

雨の日の自転車、カッパ以外に濡れない方法はある?

雨の日の自転車で、カッパ以外で濡れないようにする方法には、防水スプレーを使用したり、防水性の商品を使用する方法があります。

防水スプレー

防水スプレーは、服や靴に吹きかけることで水を弾いたり汚れを防いだりできます。

服の素材などによって使用できるスプレーは変化しますが、雨の日にアウターなどに吹きかけるのにオススメなのは、シリコン系のスプレーです。

スプレーを使用する際には、注意をよく読み、換気に気をつけて下さいね。

防水カバンなど

また、荷物が濡れないようにするためには、防水性のカバンやポーチを使用するのも良いでしょう。

通学時にはたくさんの教科書が入っていたり、電子辞書なども持ち歩きます。

通勤時にはパソコンを持ち歩く方も多く、濡れてはいけないものが多いですよね。

防水性のポーチやカバンを使用することで、安心して自転車に乗ることができます。

アウトドアショップなどでは、防水性の高い商品が販売されていることも多いので、購入の際には検討してみて下さい。

傘は違反?

また、雨の日に傘をさしながら自転車走行している方も見かけます。

自転車に傘を固定できる商品も販売されていますが、個人的にはオススメしません。

お住いの地域によっては条例で禁止されていることも多く、風が吹いている際などは傘をさして自転車を走行するのは危険です。

雨が降っている日は、できるだけ傘は使用しない方法をとるようにしましょう。

スポンサーリンク

雨の日の自転車で前髪や顔が濡れない方法(レインハットなど)

雨の日の自転車で前髪や顔が濡れない方法は、レインバイザーやレインハットなどを使用することです。

レインバイザーやレインハットを使用することで、顔が濡れてしまうのを防げます。

通勤時などに、メイクや前髪が崩れてしまうことを防ぐのに役立ちますね。

サンバイザー(晴雨兼用)

レインバイザーはサンバイザーの雨の日版といったようなものです。

こちらは雨の日でも晴れの日でも使用できるタイプのものです。

UVカットの効果も期待できるので、普段使いにもぴったりです。

シンプルなデザインのレインバイザーは、顔まわりを密閉するわけではないので、暑苦しくならないのが特徴です。

レインハット

レインハットは、帽子とレインバイザーが一体化したようなものです。

ハット型になっているため、後ろ髪も多少雨から守ることができます。

あごひもで調節して脱げないようにするタイプが多いです。

この他にも、レインキャップや、レインコートとレインバイザーが一体になった商品もあります。

レインキャップ

二重ツバ付きレインコート

使用するシチュエーションやスタイルに合わせて、様々なデザインのものを検討してみて下さい。

スポンサーリンク

雨の日の自転車で荷物が濡れない方法(カバンやカゴカバー)

雨の日の自転車で荷物が濡れないようにするには、自転車のカゴ専用のカバーやカバン用のレインカバーを使用しましょう。

自転車カゴカバー

自転車のカゴ専用のカバーは、上からかぶせるだけのタイプが多く着脱が簡単なのが特徴です。

買い物や子供の送り迎えなどでは、荷物が多くなることもしばしば。

荷物が多くても、カゴ専用カバーを使用すれば、丸ごと覆うことができるのが便利ですね。

また、雨の日に限らず、様々な用途でも使用できます。

例えば、ホコリや砂などで荷物が汚れてしまうことを防いだり、盗難防止に役立ったりもしますね。

バッグのレインカバー

カバン用のレインカバーを準備しておけば、自転車を降りてから持ち歩く際にも利用できます。

こちらの商品は、カバンのサイズに合わせてカバーをカットすることができます。

カゴが付いていない自転車に乗る際や、斜め掛けバックを使用する際などには向いていますね。

マルチカバー(カゴやカバンなどに)

マルチに使用できるカバーも販売されています。

こちらを用意しておけば、どのようなタイプの鞄でも雨から守ることができますし、自転車のカゴに使用することもできます。

いざという時に使えるので、持っているだけで便利なアイテムです。

スポンサーリンク

雨の日の自転車で靴が濡れない方法(靴カバー)

雨の日の自転車で靴が濡れないようにするには、シューズカバーを使用するのがオススメです。

まず紹介するのは使い捨てタイプのシューズカバーです。

使い捨てのシューズカバーはコンパクトに折りたたむことができるので、カバンの隙間に入れておくことができるのが利点です。

突然の雨にも対応できるように、使い捨てのシューズカバーを常備しておけるのは良いですね。

シリコンタイプのシューズカバーは繰り返し使用でき、密着度が高いことが特徴です。

シリコン素材なので、水で丸洗いできるのが嬉しいですね。

靴底部分が滑り止め加工してあるものを選ぶと、自転車を漕いでいる時も安心できます。

シューズカバーにもしっかりとした安心感が欲しい方には、こちらのような商品がオススメです。

しっかりと靴裏には滑り止め加工もされており、雪の日にも対応できるシューズカバーです。

このようなタイプのシューズカバーは安っぽく見えてしまうことも少ないので、通勤時などにも活用しやすいです。

また、自転車だけでなくバイクに乗る方や、歩きで使用したい方にもオススメです。

スポンサーリンク

その他のレイングッズ(レッグカバー)

これまで紹介してきたもの以外にレイングッズとしてオススメなのは、レッグカバーです。

雨の日に、靴は長靴などのレインシューズを履いているけれど、ひざ下が濡れてしまうのを防ぎたいという方にオススメです。

特にポンチョタイプのレインウェアを使用している方にとって、ひざ下は無防備になりがちです。

地面から跳ね返ってくる雨水や泥で、ひざ下は汚れてしまいますよね。

レッグカバーを使用することで、服を綺麗な状態に保つことができます。

また、跳ね返りだけでなく、脚がペダルに引っかかってしまった際にも、汚れを防ぐことができますね。

スポンサーリンク