【PR】

コープ離乳食(きらきらステップの冷凍食材)は店舗で買えるのか解説!キューブはアレンジも簡単!おすすめ商品も紹介

コープ離乳食(きらきらステップの冷凍食材)は店舗で買えるのか解説!キューブはアレンジも簡単!おすすめ商品も紹介 子育て

コープ離乳食「きらきらステップ」の冷凍食材は、コープの店舗でも買えます。

月齢にあった離乳食を展開しているので、下ごしらえなしで使いやすい商品です。

離乳食を作る手間や時間を考えると、かなりお得!

しかし、地域によっては取扱店が無かったり、店舗販売がされていても取扱商品が少ないことも・・・。

近くに店舗が無い場合は、宅配で購入できるので資料請求してみるとよいでしょう。

わが家も長年、宅配サービスを利用しています。

きらきらステップやコープブランド以外にも、離乳食に良い商品が多数ありますよ。

地域ごとにキャンペーンがあったりするので、気になる方はチェックしてみてください。

例)
↓ 大阪府の赤ちゃん限定「はじまるばこ」

コープは地域ごとに分かれています。お住まいの地域で確認してみてください。

>> コープさっぽろ(北海道全域)

>> コープ東北(青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島)

>> コープデリ(東京・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬・長野・新潟)

>> おうちコープ(神奈川、静岡、山梨)

>> とやま生協

>> コープきんき(滋賀、京都、奈良、大阪、和歌山)

生協公式CO-OP
↑ その他の地域の方はこちらから検索してみてください

スポンサーリンク

コープ離乳食・きらきらステップの冷凍食材は店舗で買える(お店によります)

コープ離乳食「きらきらステップ」は、店舗でも買えます。

「きらきらステップ」は、コープが離乳食で悩む子育てママ・パパを応援するために作られた、月齢別に様々な商品を展開している離乳食です。

安心な原料を使い、下ごしらえなしで、使い方が自由な「素材型」なのも嬉しい商品です。

ママに選ばれる理由(コープきんき公式サイトより)

きらきらステップについて(コープきんき公式サイトより)

きらきらステップが、いつでも店舗で買えるのは嬉しいですね。

ただ、全ての店舗で取り扱いがあるわけではありません。

ポピュラーなお粥、うどん、なめらかキューブ以外は無かった、という口コミも見かけます。

コープは全国に店舗がありますが、全国共通ではなく各地域の独立した組織で運営しています。

そのため、サービス内容や商品などの違いがあるのです。

きらきらステップの取扱いがない店舗もあります。

近くに店舗が無い場合は、宅配で購入できる、興味がある方は資料請求してもよいでしょう。

コープは地域ごとに分かれているので、お住まいの地域で確認してみてください。

>> コープさっぽろ(北海道全域)

>> コープ東北(青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島)

>> コープデリ(東京・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬・長野・新潟)

>> おうちコープ(神奈川、静岡、山梨)

>> とやま生協

>> コープきんき(滋賀、京都、奈良、大阪、和歌山)

生協公式CO-OP
↑ その他の地域の方はこちらから検索してみてください

私が利用していた頃は、近くに店舗取り扱いがなく、宅配サービスで購入していました。

最近は店舗での取り扱いが増えていて、実際、近くの店舗で一部商品が販売されていました。

例えば「みやぎ生協・コープふくしま」では、商品にもよりますが、多い商品では18店舗で取り扱いがあります。

また、2018年のコープデリ連合会の記事では、関東地区で50店舗が取扱いを始めたとありました。

  • コープみらい(東京エリア15店舗、埼玉エリア16店舗、千葉エリア7店舗)
  • 茨城県:いばらきコープ(2店舗)
  • 栃木県:とちぎコープ(4店舗)
  • 群馬県:コープぐんま(4店舗)
  • 長野県:コープながの(2店舗)

少し前の情報なので、取り扱いがあるかは確認してみてくださいね。

ちなみに、生協・コープといえば「組合員にならないといけないの?」という疑問に思うかもしれません。

生協・コープのサイトを見てみると、基本的には入会をお願いしているようです。

入会といっても、会員登録のようなものなので難しいことはないです。

出資金(入会金のようなもの。500円~1000円くらい)も、退会時には原則として返金されます。

宅配を利用の方は組合員の登録が必要ですが、店舗購入は組合員でなくても購入できるところもあります。

私も、異なる地区のコープ店舗を利用したことがありましたが(4つの県でした)、組合員ではなくても購入できました。

スポンサーリンク

コープの離乳食の種類

コープの離乳食「きらきらステップ」は月齢ごとに商品展開され、主食からおかずと様々です。

(きらきらステップは、5ヶ月頃から3歳頃までの離乳食・幼児食シリーズ)

きらきらステップについて(コープきんき公式サイトより)

離乳食(きらきらステップ for baby)は15種類

離乳食としての商品は「きらきらステップ for baby」で15商品あります。

  • 国産野菜で作ったなめらかキューブ 5種の緑黄色野菜&ほうれん草(5ヶ月~)
  • 国産野菜で作ったなめらかキューブ 5種の緑黄色野菜&根菜(5ヶ月~)
  • 国産野菜で作ったなめらかキューブ ほうれん草と小松菜&おいも(5ヶ月~)
  • 国産野菜で作ったなめらかキューブ ほうれん草(5ヶ月~)
  • 国産大豆で作った納豆ペースト(5ヶ月~)
  • 国産米をふっくら炊いた白かゆ(5ヶ月~)
  • 九州産小麦使用 やわらかいミニうどん(5ヶ月~)
  • 便利なパラパラ 北海道産白身魚のほぐし身(5ヶ月~)
  • 国産野菜と豆乳で作った角切り野菜入りホワイトソース(7ヶ月~)
  • 国産大豆と角切り野菜入りかぼちゃ豆乳ソース(7ヶ月~)
  • 国産大豆と角切り野菜入りトマトコンソメソース(7ヶ月~)
  • みっくすきゃろっと(7ヶ月~)
  • 3種の国産野菜としらすのおかゆ(8ヶ月~)
  • 北海道産白身魚と国産野菜のふんわりつみれ(9ヶ月~)
  • 国産大麦使用 麦茶(1ヶ月~)

↑ 2023年1月現在のきらきらステップ(離乳食)の一覧です

おかゆ、うどんの主食はもちろん、おかずになる野菜のペーストや、タンパク質を補える商品もあります。

商品別に「5ヶ月~」など月齢表示があるので、子供の成長にあわせて選べるのも安心です。

幼児食(きらきらステップ for kids、きらきらキッズ)もある

1歳半になると、幼児食として「きらきらステップ for kids」と、3~6歳児向けの「きらきらキッズ」が展開されています。

私は宅配での購入でしたが「きらきらステップ」を含むコープの離乳食をよく購入していました。

特に、野菜をなめらかにしたキューブ状の商品は使いやすく、与える量も把握しやすくて、離乳食作りにとても便利でした。

宅配の場合、カタログをみて商品を選ぶのですが、私が利用しているコープでは離乳食や幼児食の商品ページが見開きで案内されていました。

他の地区のカタログでは、就学前のお子様向け商品がまとめられたものもあるそうです。

きらきらステップ以外にも離乳食におすすめの商品がある

コープのカタログには「きらきらステップ」以外でも、離乳食におすすめの商品があります。

co・op 北海道のうらごしにんじん

にんじんの他に、かぼちゃ、えだまめ、ブロッコリーがあります。

うらごしをする手間がかからず、キューブなのでレンジ利用しやすい商品です。

co・op 国産大豆カット絹とうふ

冷凍保存ができるとうふも人気です。

離乳食で少量しか使わないときに重宝しました!

コープブランド以外で離乳食に使える商品もある

コープブランドの他にも、他社の商品、キューピーのベビーフード等も取り扱いがあります。

魅力的な商品をご紹介します。

イブシギンのしぜんだし

添加物・食品などを使用しない出汁(だし)です。

離乳食に使うだしとして、知人が愛用していた商品です。

ナカシン バランスキューブ

私がコープの離乳食のカタログで見つけた商品で、一番利用したものです。

たくさんの野菜が取りやすく、またキューブ状で管理も調理もやすかったです。

バランスキューブは、パルシステムの「yumyum 国産野菜のバランスキューブ」と多分同じです。

→ 生協の宅配 パルシステムはこちら

これらの商品は、店舗販売がされていない場合もあるので、種類が豊富な宅配での購入をおすすめします。

家まで届けてくれますし、ほんとに便利です!

コープは地域ごとに分かれているので、お住まいの地域で確認してみてください。

>> コープさっぽろ(北海道全域)

>> コープ東北(青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島)

>> コープデリ(東京・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬・長野・新潟)

>> おうちコープ(神奈川、静岡、山梨)

>> とやま生協

>> コープきんき(滋賀、京都、奈良、大阪、和歌山)

生協公式CO-OP
↑ その他の地域の方はこちらから検索してみてください

スポンサーリンク

コープ離乳食のおすすめ商品を紹介

先ほどもいくつかおすすめ商品をご紹介しましたが、コープの離乳食商品は使いやすく、商品も豊富で離乳食作りの強い味方になってくれます。

実際、私はコープ商品の「きらきらステップ」をはじめ、離乳食に使いやすいコープ商品、コープの配達で購入できる他社の商品など、子どもの成長に合わせて利用してきました。

特に、うらごしなど下ごしらえが必要な離乳食初期の頃は、とても助かりました。

初めての子育てだと、どれくらいまで裏ごしをしたらよいのか、またどのくらいの細かくしたらよいのかなど、食材一つとっても不安があるものです。

実際に私はほうれん草を裏ごししていたとき、どこまでやったらいいのか、こんなにも力と時間がかるのか・・・と、悩んでしまったときがあります。

コープの離乳食は、月齢に合った、食材のなめらかさや大きさなどを把握できるのもおすすめポイントです。

co・op国産野菜で作ったなめらかキューブ 5種の緑黄食野菜&根菜

わが家では、きらきらステップは、主食よりも野菜のキューブをよく利用していました。

トマトやほうれん草をあまり食べてくれない息子。

なめらかキューブをおかゆにまぜるとよく食べてくれていたので、栄養面を心配していた際、とても安心して利用していました。

また、一つのキューブが約11gと、月齢に合わせて少量用意する離乳食にぴったりでした。

冷凍保存ができ、キューブを取り出すときも簡単で、調理もレンジ一つで完了するので助かりました。

ナカシン バランスキューブ

また、先ほどもご紹介したバランスキューブ。

コスパもよいので、カタログに載っていれば必ず購入していました。

こちらもキューブ1つが約11gなので、離乳食の量管理がしやすかったです。

私が使っていて実感したことですが、きらきらステップの野菜キューブはパッケージから取り出しやすく、おかゆなどと混ぜる時に滑らかさを感じました。

ナカシンのバランスキューブは、色が濃く、野菜のとろみを濃厚に感じる商品で、スープやポタージュ、ソースなどにアレンジがしやすかったです。

どちらも素材の味を大事にしているので、離乳食にぴったり。

成長に合わせてだしを合わせる際も、薄味をキープできるのもポイントでした。

co・op国産野菜と豆乳で作った角切り野菜入りホワイトソース

このホワイトソースも「きらきらステップ」の商品です。

離乳食のレパートリーで困っていた時に、おかゆをドリア風に楽しめる離乳食でした。

豆乳でのホワイトソースなので、牛乳デビュー前に安心して用意できます。

初めてのホワイトソースとしておすすめです。

スポンサーリンク

コープの離乳食(冷凍キューブ)はアレンジも簡単

コープの離乳食、特に野菜が入ったキューブのものは、おかずとしてそのまま出したり、おかゆに混ぜたりして使えます。

私は、子どもの成長に合わせて、食べられる素材が増えてきたら、だし汁を混ぜてスープにしたり、豆乳や牛乳を混ぜてポタージュ風にしていました。

全て冷凍のキューブなので、豆乳など混ぜる時も一緒にレンジで加熱するだけなので簡単です。

とてもなめらかなので、おかずとして出して食いつきが悪いときでも、おかゆにそのまま混ぜれば、すぐに馴染みます。

また、パンデビューしていれば、パンがゆの味付けに使えます。

幼児食移行のときは、ジャム感覚でパンにそのまま塗って出すこともありました。

コープの離乳食は素材の味を大事にしている商品が多く、月齢に合わせて、離乳食を自分でアレンジしやすいです。

配達購入の方なら、カタログにアレンジレシピが載っていますし、コープのサイトにも紹介されています。

コープの離乳食商品は、子どもの好みに合わせて自分でカスタマイズしやすいですし、コープから様々なレシピを知ることができます。

また、レンジ一つで簡単調理ができ、時短でおいしい離乳食が用意できるのも嬉しいです。

離乳食を食べてくれないとき・・・悩まされると思います。

簡単で安心なコープ離乳食を取り入れることで、わが家ではご飯時間を楽しく過ごせました。

→ 大阪府の赤ちゃん限定「はじまるばこ」

コープは地域ごとに分かれているので、お住まいの地域で確認してみてください。

>> コープさっぽろ(北海道全域)

>> コープ東北(青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島)

>> コープデリ(東京・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬・長野・新潟)

>> おうちコープ(神奈川、静岡、山梨)

>> とやま生協

>> コープきんき(滋賀、京都、奈良、大阪、和歌山)

生協公式CO-OP
↑ その他の地域の方はこちらから検索してみてください

スポンサーリンク

コープの離乳食の値段やコスパ

コープの離乳食の値段は、安い!とは言い切れませんが、コスパはよい!と言えるでしょう。

月齢や使用する量、子どもの好みなどを見ながら商品を選べば、下ごしらえなどの「手間や時間」を考えると、かなりお得だと感じています。

また最初から小分けで冷凍されているので、衛生面的なところでも安心があります。

ただ、離乳食をまとめて作る方、作る時間がある方にはすこし高く感じるかもしれません。

お仕事をしているママや、時間を作るのが難しい方にはとてもおすすめです。

私の場合は、作るのにあまり手間がかからない主食のおかゆやうどんは、離乳食として購入することは少なかったです。

ただ、うらごしなどの下ごしらえに時間がかかるものは、コープの離乳食や他のベビーフードを活用することがありました。

離乳食を用意する人の生活スタイルや、子どもの好みや成長を見ながら、自分たちに合ったものを、選んでみてはいかがでしょうか。

コープの離乳食の値段について、これまで紹介した商品を例に比較してみます。

※配達販売のカタログの情報です。地区、時期によって異なる場合があると思います

  • なめらかキューブ 5種の緑黄色野菜&根菜 120g…298円(税抜)
  • 北海道のうらごしにんじん 330g…380円(税抜)
  • バランスキューブ 黄・緑 280g…380円(税抜)

比べてみると、なめらかキューブ(きらきらステップ)は、少し割高かもしれません。

同時期に、キューピーの瓶詰の離乳食も利用していましたので、比較してみましょう。

例)キユーピーベビーフード かぼちゃとさつまいも(70g)

小売店によりますが、私は100円前後で購入していました。

内容量で見てみると、あまり金額差はないかと思います。

比較してみてコープの離乳食は、

  • 冷凍食品で保管がしやすい
  • 10g前後で用意しやすい包装、衛生的
  • 素材重視の商品でアレンジしやすい

という点からも、コスパが良い商品だと思います。

スポンサーリンク

さいごに

離乳食は手作りするのも楽しいですが、やはり子育てをしながら、またお仕事をしながらだと、時間的に苦しくなることがあると思います。

また、せっかく作ったのに、子どもが食べてくれない!なんてことも・・・

私自身、うまく進まない離乳食でイライラしてしまうときがありました。

そんなときは、安全でおいしい離乳食商品に助けらました。

コープの離乳食は、月齢別で商品を展開してくれていますし、離乳食に使いやすい商品も多数あります。

そのまま離乳食として使えますし、アレンジすることで離乳食作りの幅も広がりますので、興味がある方はぜひ活用してみてくださいね。

↑ 大阪府の赤ちゃん限定「はじまるばこ」はこちら

>> コープさっぽろ(北海道全域)

>> コープ東北(青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島)

>> コープデリ(東京・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬・長野・新潟)

>> おうちコープ(神奈川、静岡、山梨)

>> とやま生協

>> コープきんき(滋賀、京都、奈良、大阪、和歌山)

生協公式CO-OP
↑ その他の地域の方はこちらから検索してみてください

スポンサーリンク