ガス台の五徳をきれいに掃除するにはクエン酸を使うのがベスト?

ガス台の五徳をキレイに掃除するにはクエン酸を使うのがベスト? 生活

ガス台の五徳(ごとく)の汚れを落とし、きれいにお掃除するには、鍋に五徳・重曹・クエン酸・水を入れて煮るのがベスト。

冷めたら、メラミンスポンジでこすり洗いをすればOKです。

五徳って、知らぬ間に汚れがガッチガチにこびりついてしまい、掃除しようと思ってこすってもなかなか取れせんよね…。

そこで役立つのがクエン酸と重曹なんですよ。

五徳の掃除を全然していなかったり、もしくは掃除を諦めているのなら、ぜひ今回紹介する方法をお試しくださいね。

スポンサーリンク

五徳の掃除は重曹とクエン酸で煮る&メラミンスポンジで

「五徳にこびりついてしまった頑固な汚れを、きれいさっぱりと掃除したい!」

そんな時は、お鍋に、水と五徳と重曹・クエン酸を入れて煮るといいですよ。

その後メラミンスポンジを使って、よーく丁寧にこすり洗いしましょう。

くわしくご説明しますね!

1)鍋に水を注ぎ五徳とクエン酸と重曹を入れる

五徳が入るくらいの鍋を用意します。

その中に水を注ぎ、五徳と重曹、粉末のクエン酸を入れましょう。

クエン酸と重曹の量は、水1Lに対して、だいたい大さじ3~4杯ずつ入れるといいですよ。

水は、五徳がしっかり浸るくらいの量を注ぐようにしましょう。

2)火にかけて沸騰させたら10分煮る

次に、鍋を火にかけて沸騰させたら、10分くらいグツグツと煮ましょう。

重曹とクエン酸が反応して、五徳にこびりついた汚れを剥がしやすくしてくれるんですよ。

10分経ったら火を止めてくださいね。

3)鍋の中のお湯が冷めるまで待つ

火を止めた後は、鍋の中のお湯が十分に冷めるまで待ちます。

この時、熱々のまま五徳を取り出すと、こびりついた汚れが十分に分解されません。

鍋の中のお湯が冷めるまで待つようにしてくださいね。

4)五徳を取り出しメラミンスポンジでこすり洗いをする

鍋の中のお湯が十分に冷めたら、五徳を鍋から取り出しましょう。

そして、メラミンスポンジを使って、丁寧にこすり洗いをしましょう。

すると、頑固な焦げ付き汚れも、とってもきれいに掃除することができますよ。

しっかり汚れが落とせたら、五徳をすすいで乾かせば完了です。

クエン酸と重曹のパワーってすごいんですね。

ぜひあなたの家庭でも、五徳を掃除する際はクエン酸と重曹で煮洗いをしてくださいね。

スポンサーリンク

ガス台の五徳の汚れは調理や掃除で予防しよう

毎日料理をしていると、どうしてもガス台って汚れてしまいますよね。

でも、できれば五徳の汚れは溜めたくないもの…。

いつも気持ちよくガス台を使うために、五徳をきれいに使う方法をご紹介しますね。

ガス台(五徳)の汚れを予防する方法は次の2つです。

  • 定期的に、メラミンスポンジで五徳をこすり洗いする
  • 調理の際に、吹きこぼすことがないようにする

1つずつ見ていきましょう。

週に1回は五徳の掃除を!

できれば、週に1回の頻度で、五徳を掃除しましょう。

五徳って普段あまり掃除しないかもしれませんが、こまめに掃除することで汚れ予防になります。

定期的に、メラミンスポンジでこすり洗いするのがおすすめです。

そうすれば大掃除の時も楽ちんになりますね。

料理中に吹きこぼさないように注意すること!

そして、五徳を汚さないようにするには、鍋を火にかけた際に吹きこぼさないことです。

お掃除ばかりに目が行きそうですが、五徳汚れの大きな原因は吹きこぼれです。

鍋を吹きこぼれさせてしまうと、鍋の中の汁があふれ出て五徳に付着。

それが焦げてこびりついてしまいます。

(ついやってしまいますよね…。)

鍋を火にかけている時は、火加減に注意するなどして、吹きこぼれないようにくれぐれも注意していきましょう。

私もよく鍋を吹きこぼしてしまうことがあるので気を付けます!

拭きこぼれてしまったら早めに掃除を!

万が一、吹きこぼして五徳に汚れがついてしまった時は、すぐに洗いましょう。

早めに掃除すれば、汚れがたまらないので安心です。

うっかり洗うのを忘れてしまったら、最初にご紹介したように重曹とクエン酸を使ってお鍋で煮てくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

五徳の掃除には、鍋に五徳とひたひたになるくらいの水、そして重曹とクエン酸を大さじ3~4杯入れて沸騰させ、10分間煮ましょう。

煮立ったら火を止めて冷まし、五徳を取り出してメラミンスポンジでゴシゴシとこすり洗いをすると、こびりついた頑固な焦げ付き汚れもきれいに掃除できますよ。

また、五徳の汚れを予防するためには、定期的にメラミンスポンジでこすり洗いすることと、料理中に鍋を吹きこぼさないようにすることが大事。

もし吹きこぼして五徳を汚してしまっても、早めに洗えば簡単に汚れが取れるでしょう。

ぜひピカピカの五徳をキープしてくださいね。

スポンサーリンク