一人暮らしの買い置き食材は日持ちする野菜で!保存期間が短い野菜は計画的に!

一人暮らしの買い置き食材!日持ちする野菜や保存期間で考えよう 食べ物

一人暮らしで、無駄なく買い置きをしたい!

そんなとき、買い置きする食材を選ぶ基準は、ずばり「日持ちする食材かどうか」です。

日持ちする野菜を中心に、買い置きしましょう。

(人参、キャベツ、トマト、白菜、きのこ、さつまいも、ごぼう、りんご、じゃがいも、玉ねぎ)

日持ちしない食材は、計画的に買うようにすると無駄がないですよ!

保存期間別に一覧でご紹介しますね。

お買い物の参考にしてください。

(野菜を中心にお伝えします)

スポンサーリンク

一人暮らしの野菜の買い置きは日持ちを中心に!

一人暮らしの買い置き食材は、日持ちするものを中心にしましょう。

日持ちしない食材は、計画的に購入するのがベストです。

食材の買い置きは、節約や、買い物の回数を減らすために心がけている人も多いですよね。

でも、張り切って食材を買い込んだ時に限って残業!

疲れて料理できなかった…。

ってこと、よくあります。

せっかく買い置きしたのに、結局ダメにしてしまい、もったいない思いをするのは悲しいですね。

なので賢く自炊するために、無駄が出ないよう日持ちするものをメインにしましょう。

野菜を買い置きする際は、常温・冷凍・冷蔵を把握しましょう。

カットした野菜は、密封して冷蔵・冷凍で保存すると良いですよ。

個人的には、ジップロックなどファスナー付きのポリ袋に、空気が入らないようにして入れて保存するのがおすすめです。

ラップで包んだりタッパーに入れたりするより、長持ちするように思います。

スポンサーリンク

買い置きOK!日持ちする野菜の一覧

一人暮らしの買い置き食材のおすすめが、日持ちする野菜です。

(にんじん、キャベツ、トマト、白菜、さつまいも、ごぼう、じゃがいも、玉ねぎ)

ちょっと多めに買っておくと、買い物に行く時間がない時にも役立ってくれます。

食費の節約にも、とても助かる食材です。

日持ちする野菜の一覧と、保存のポイントをご紹介します。

(きのこと果物もあります)

にんじん:冷蔵で1週間

にんじんは、買ったままにしておくと表面がベタベタしてきます。

早めに袋から取り出しておきましょう。

綺麗に洗って水分を拭き取り、新聞紙に包んで冷蔵庫に入れるとベスト。

キャベツ:丸ごと冷蔵保存で1~2週間

キャベツは、カットすると切り口から黒ずんでいきます。

ラップなどでしっかり包んで保存しましょう。

芯をくりぬき湿らせたキッチンペーパーを詰めるなど、一手間加えると鮮度が長持ちします。

トマト:冷蔵庫で2週間

トマトは、ヘタを下にして保存するのがポイントです。

また、青いトマトは常温保存することで追熟でき、美味しくなります。

白菜:丸ごとの場合常温で2~3週間

白菜は新聞紙に包み、立てて保存するのがベストです。

きのこ類:冷凍で1ヶ月

実は、冷凍した方が風味が増して美味しくなるきのこ類。

私は、椎茸を冷凍庫に常備しています。

サツマイモ:常温で1ヶ月、野菜室だと2ヶ月

さつまいもは、冷やしすぎると傷んでしまうので注意が必要です。

基本は常温、夏場は野菜室と考えましょう。

ごぼう:常温で1ヶ月、野菜室で2ヶ月

これは、泥付きごぼうの場合です。

洗いごぼうは、日持ちが1週間なので注意しましょう。

りんご:常温で1ヶ月、野菜室では2ヶ月

果物もあると役立ちます。

りんごは、野菜や果物の成熟を促すエチレンガスを出します。

むき出しで野菜室に入れると、他の食材が熟してしまうので、ビニール袋に入れましょう。

ジャガイモ:冷暗所なら3ヶ月、野菜室で6ヶ月

じゃがいもは、時期によっては芽が出てしまいます。

料理をする時は、確実に芽を取り除きましょう。

芽の根までしっかり取り除く必要があるので、芽の周りをごっそりくり抜きましょう。

玉ねぎ:常温で2ヶ月

玉ネギは、夏場は冷蔵庫に入れましょう。

ただし、新玉ねぎは日持ちしません。

また、カットした玉ねぎも日持ちしないので注意しましょう。

スポンサーリンク

よく買う野菜の保存期間の一覧!日持ちの目安を知っておこう!

安くて買う機会の多い野菜でも、あまり日持ちしないものがあります。

保存期間が1週間程度のものは、買うときにある程度、使う予定を決めてから買った方が良いでしょう。

2~3日しか持たない野菜は、たとえ安くても今日・明日で確実に使えるものを買いましょう。

たくさん買い置きすると後悔します!

よく使う野菜を一覧にまとめました。

保存期間が1~3日の野菜

水菜、枝豆、小松菜、もやし、エリンギ、えのき、オクラ、カリフラワー、カブの葉、かいわれ、カットした白菜

保存期間が4~6日の野菜

にら、カットしたカボチャ、カブの根、しいたけ、大根、レタス、アスパラガス、ズッキーニ、アボカド

保存期間が1週間の野菜

ホウレンソウ、なす、キュウリ、長ネギ、春菊、ゴーヤ、セロリ、ピーマン

保存期間が2~3週間の野菜

トマト、白菜(丸ごとの場合)、キャベツ、にんじん

どれも基本は冷蔵保存です。

濡らした新聞紙で包んだり、野菜室に入れたりすると保存期間も変わってきます。

あくまで目安と考えてくださいね。

一人暮らしの場合、これらの野菜は、少し割高になっても小分けのものを買うのが無難ですよ。

スポンサーリンク

一人暮らしで日持ちしない野菜が余ったら

一人暮らしの大敵!うっかり日持ちしない野菜がたまってしまったら…。

スープを作っていっぺんに料理してしまうと良いですよ。

私はトマトの缶詰を買ってきて、ミネストローネにしてしまいます。

トマト缶は保存がきくので、常備しておくと便利ですね!

スープにすると野菜のかさが減って食べやすくなり、比較的早く消費することができます。

野菜もたっぷり取れますね。

買い置き食材と日持ちしない食材、どちらも使い切ってしまえると気持ちがいいものです。

家計も助かります。

買い物をする時から賢く選びましょう!

宅配食材を試してみるというのもアリです。

買い物に行く時間が節約できますよ。

高いのでは?と心配でも、お試しセットならおすすめです。

(私も以前購入したことがあります)

>> 食材宅配「オイシックス」のおためしセットはこちら

>> 食材宅配「らでぃっしゅぼーや」のおためしセットはこちら

>> 有機野菜の宅配「ビオ・マルシェ」のお試しセットはこちら

>> 食材宅配「大地を守る会」のお試セットはこちら

スポンサーリンク