中学生の子供がスマホのルールを守らない!我が家の対処法は「押し付けない」

中学生の子供がスマホのルールを守らない!我が家の対処法は「押し付けない」 子育て

最近は、小学生でも一人一台スマホを持っている子が多いですね。

皆さんのおうちでは、中学生の子供にスマホを持たせるにあたり、なにか約束事を決めましたか?

何時までとか、宿題が終わってからとか…。

でも、スマホのルールって守らないですよね。

(私も、中学生の息子に買ってすぐ後悔しました)

子供は、親が勝手に決めたルールでは納得しません。

納得していないルールは守ってなんてくれません。

子供には「決まり」を押し付けるんではなく「約束」を自分からさせるのが一番です!

わが家の奮闘記が参考になればうれしいです。

スポンサーリンク

中学生の子供がスマホのルール守らない!どうする?

わが家の中学生の息子も、スマホのルールを守らず困り果てていました。

毎日、子供とスマホのことでイライラガミガミ…。

大好きな息子と、スマホルールのことで険悪になっていくのは辛い…。

そこで私がたどり着いたのが、必殺「好きにしろ作戦」です。

「何でスマホのルールを守らないの?!」

と怒るのではなく、息子と向き合いコミュニケーションを大切にしました。

子供は、管理されているうちは親のせいにできますが、好きにし始めた途端にビビるんです。

子供はまだ自分の将来に責任を持てません。

何かあれば親のせい、と思っていた方が楽なのです。

もちろん、スマホを使うにあたって、注意事項は伝えるべきです。

しかし、ルールを押し付けないようにしたら、少しずつですが、息子から約束をしてくれるようになりました。

子供がスマホのルールを守らないとお困りなら、ぜひ試してみてください。

わが家の失敗ルールと、この結論に至るまでをご紹介します。

スポンサーリンク

子供にスマホを持たせて後悔?我が家のケース

そもそも、いくら周りに持っている子がいるとは言え、子供にスマホを持たせるメリットって何でしょうか。

スマホの中には子供にとって「誘惑」しかありません。

無料で楽しいゲームが沢山あるし、テレビ番組よりも好きな時間に自分の好きな動画を見る方が子供にとっては楽しいですよね。

友達とメッセージをやり取りするようになると、それが原因のトラブルもあります。

スマホを持つメリットは果たしてあるのでしょうか。

子供にスマホを持たせる理由

私も、子供にスマホを持たせる時とても悩みました。

私の子供は中学生の男子で、部活をやっています。

帰りの時間が小学生の時は遅くても18時半位だったのが、中学生になった途端に20時21時になるようになりました。

部活だけならいいのですが、先輩と出かけたり、夜に外を走りに行ったり…。

連絡が取れないと私の方が不安だったのです。

なので、息子が欲しがる理由とは別の理由で買いました。

子供にデメリットだらけのスマホを、好き好んで買う親なんてどこにもいないですよね…。

少なくとも、母親の私にとってのメリットは「どこに居ても連絡が取れる事」それだけでした。

中学生にキッズケータイという訳にもいかず、やはり買い与えてしまった結果…。

すぐに後悔する事となりました。

スポンサーリンク

スマホの我が家のルール!中学生のスマホは何時まで ?

皆さんはスマホを買い与えた時、ルールを決めましたか?

我が家のルールは、

  • 21時以降は使わない
  • 宿題・やる事が終わってから使う
  • テストで70点以下は取らない

守れなかったら没収!

これだけ。

(ちなみに、夜の時間は21時~22時くらいまでという家庭が多いそうです)

私からしたら甘過ぎるくらいです。

中学生の息子も納得したように見えたのですが…。

全く守りませんでした。

何時までって決めても意味がなく。

夜遅くまで暗い部屋でスマホを使い、成績も見る見るうちに下がりました。

親からしたら、毎月スマホ代払ってあげて、なんで成績落ちられなきゃいけないの!って。

もう、カッチーーーーン!!!ですよ…。

「なんでルール守れないの?!」

「もうスマホいらないでしょ!解約する?!」

「ケータイやめて早くお風呂入れーーー!!!!」

毎日毎日、スマホ絡みの喧嘩で私は疲れ果てていました。

スポンサーリンク

子供とスマホの約束事をやめた

毎日怒りまくっていた私ですが、やはり息子は可愛いのです。

スマホで友達と連絡が取りたいことも、友達と次の日に話題にのぼる動画が見たい事もわかります。

だから、ルールで決めていても「没収」まではできないのです。

でもそれだと息子は、

「お母さんはルールを破っても没収しない。せいぜい怒鳴るくらいなものだ」

と、認識し始めるんですよね。

なのでもう、ルールの効力なんていつの間にか無くなっていました…。

子供と向き合った

そして私は、息子とたわいもない話をたくさんしようと思いました。

だって、私は息子を縛って苦しめるためにルールを作ったわけじゃないんです。

息子の事が大好きで、将来困らないために!と、成分は100%愛情のルールなのです。

学校から帰ってきてスマホをいじっていても、気にせず話しかけ続けました。

目線ももう自分と同じくらいになった大きい息子に、ひたすら私の愛情を伝えました。

もちろんそれで、100%息子が以前のルールを守るようになったわけじゃありません。

でも、間違いなく以前よりスマホに向かう時間は減ったし、何より私と息子のスマホ戦争はなくなりました。

自分から約束をしてくれるようになった

子供に、自分の理想を押し付けるルールを与えて、守らないから怒る。

じゃあ子供の考えはどこにあるのでしょう。

そもそも、スマホを持たせてあげてるんだから、言う事聞きなさい!と、私のエゴだったのかもしれません。

私たち大人からしたら、どうでもいい様なことも子供の社会では必要なことだったりするんです。

「21時からみんなでゲームするっていうんだけど、一時間だけやっていい?絶対22時にはやめて、すぐ寝るから!」

と息子から約束をしてくるようになりました。

それだけでも進歩です。

ルールを紙に書いて無理矢理守らせるよりも、私にはこのゆる~い方法があっていました。

見守るのも愛情

「たまにはいいや」

「今日はなんにもしたくない」

私たちにもそんな時ありますよね。

子供にだってあるんです。

「これが我が家のルール!」

を守らせるのも大切です。

ですが、自立に向けて成長している子供を自分の考えたルールで縛るのは、反抗を生むだけでなんの意味もないのかもしれません。

スマホを使うにあたって、注意事項は伝えた方がいいです。

ですが、本人が初めて与えられた自分だけの世界。

土足で踏み込まず見守るのも、愛情ではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

スマホのルールについて、当時私も沢山調べました。

どうやったら守ってくれるようになるのか、毎日毎日考えていました。

そして私はこの考えに辿り着きました。

中学生のお子さんのスマホ問題で悩んでいるなら、ぜひ一度試してみて下さい。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク