新生児の授乳間隔が4時間空いてしまった!大丈夫なの?

新生児の授乳間隔が4時間あいちゃった!大丈夫なの? 子育て

赤ちゃんが生まれて、ママが悩むことのひとつに授乳間隔があるのではないでしょうか?

助産師さんから、新生児の授乳は3時間おきと言われていたけど、ついつい寝てしまって4時間・5時間空いてしまった…。

赤ちゃんは大丈夫なの?と心配になりますよね。

授乳間隔はあくまで目安なので、3時間以上あいてしまっても大丈夫です!

ただし、授乳間隔は適当でOK!ということではありません。

今回は新生児の授乳間隔に関して、3時間おきの授乳はなぜなのかや、私の体験談をお伝えしますね。

スポンサーリンク

新生児は3時間おきの授乳ってなぜ?絶対守らないとだめ?

新生児の授乳間隔は、お医者さんや助産師さんによっても違いがあるようですが、だいたい3時間おきと指導されます。

冒頭でお伝えしたように、これはあくまで目安です。

新生児の授乳間隔は、2~4時間くらいで欲しがる時にあげればOK。

そして、たまに5時間あくことがあっても大丈夫です。

でも、私は初めての出産でよくわからず、必死に守っていました。

(大変ですよね…)

3時間おきの授乳がなぜかというと、赤ちゃんは一度にたくさんの母乳が飲めない、ということがあります。

まだ胃が小さいためです。

そのため、授乳間隔があきすぎると、栄養不足や脱水症状になることがあります。

3時間おきの授乳ってハード…

一般的に、新生児の授乳回数は1日に8~10回ほどと言われています。

そのような理由から授乳間隔は3時間おきと言われているわけですね。

しかし、子育てをしたことのある方ならわかると思いますが、3時間おきの授乳を完璧にするのはかなりハードです。

私は、出産当日から母子同室でした。

助産師さんに「3時間おきにおっぱいをあげてね」と、当たり前のように言われたときは絶望しました…。

4時間空くことがないように!と指導され必死

3時間おきとは言われつつも、つい寝すぎてしまったり、赤ちゃんがぐっすり寝ていたり…。

きっちり3時間おきを守ることはできませんでした。

助産師さんからは「4時間は間があかないようにしてね!」と強めに言われ、

「4時間たったらダメなんだ…」と思ったものです。

だから、産後の入院期間は、3時間(ずれても3時間半)という授乳間隔をしっかり守っていました。

ただ、入院していて家事は必要ないとはいっても、その期間はかなりハードに感じていました。

「子育てってこんなにつらいのね…眠い…」

「8時間寝ていた日々に戻りたい…」

と思ったものです。

スポンサーリンク

退院後は新生児への授乳が3時間おきにできないことも

そして退院してからのことです。

1週間検診までの間、授乳を3時間おきにすることを必死に守ろうとしていましたが、できないこともありました。

入院期間は子育てだけしていればいいですが、退院するとそうはいきませんもんね。

どうしても寝すぎてしまったり、時間を見間違えてしまったりということがあり、4時間あくことが数回ありました。

1週間検診では、注意されるのではないかとビクビク。

しかし、検診で授乳の記録用紙を見た助産師さんは、何も言いません。

「この調子で授乳頑張ってね!」

と言われただけでした。

新生児への授乳が6時間空いてしまったら

それから1ヶ月検診までの間も、何度も4時間空いてしまったことがありました。

でも特に何も言われなかったので、こちらから聞いてしまいました。

「あの~…授乳って4時間以上あいてもいいんですか?」と。

すると、

「そこまでこだわりすぎなくていいですよ!赤ちゃんの体重がちゃんと増えているし!」

「ただ6時間とかあくようだったら少しだけ心配だから、起こしてみるといいかもしれないね。」

とのことでした。

この時、とてもほっとしたのを覚えています。

「こだわりすぎなくていい」という言葉は、新米ママの心を軽くしてくれました。

スポンサーリンク

新生児の授乳間隔は2~4時間おきを目安に!多少あくのはOK

検診では他にも、

「赤ちゃんには個人差があるから、新生児の授乳間隔は3時間おきが目安ではあるけど、2~4時間の間で欲しがるときにあげたらいいよ。」

「赤ちゃんの体重が増えていれば問題はないから、心配だったら量ってみたらいいよ。」

というアドバイスをもらいました。

(心配なら、体重計をレンタルすると良いでしょう)

>> ベビー用品レンタル「ベビレンタ」を見てみる(公式サイト)

もちろん、病院によっては違う指示のところもあるかと思います。

ただ、私のこの経験では「そこまで厳密にこだわらなくてよい」ということを学びました。

赤ちゃんにも個人差がありますし、もちろんママにも個人差があります。

たくさん母乳を飲む赤ちゃんがいれば、あまり飲まない赤ちゃんもいます。

それと同じように、母乳がたくさん出るママもいれば、あまり出ないママもいます。

1週間検診や2週間検診まではなるべくがんばろう!

まずは1週間検診や2週間検診までの間は、なるべく頑張って3時間おきの授乳を守るよう努力をしてみましょう。

その期間も、1回や2回、授乳間隔が4~5時間空いてしまったからといって、必要以上に慌てたり後悔したりする必要はありません。

赤ちゃんが元気ならOKです!

赤ちゃんの成長具合や健康状態で何かあれば、お医者さんや助産師さんから新たに指示があると思います。

心配なら相談しましょう。

すでに述べたように、赤ちゃんには個人差があります。

極端な例で言うと、8時間ぶっ通しで寝ていてもなんの問題もない赤ちゃんもいます。

一度4時間空いてしまったくらいで気にする必要はありません。

「次の3時間後が守れればいいか」くらいの気楽さを持ちましょう。

スポンサーリンク

新生児の授乳間隔が4時間あいちゃった! まとめ

授乳間隔を守ることに必死になるあまり、精神的につらくなっていたら意味がないですよね。

まずは、授乳間隔はあくまで目安で「守ろうとする姿勢が大事」というくらいの感覚でいいのだと思います。

授乳間隔よりも「目の前の赤ちゃんが元気かどうか」に注目して、子育てを楽しんでいきたいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

生後1ヶ月までの授乳間隔は混合でどのくらい? 実際の回数も紹介
生後1ヶ月までの授乳間隔、ミルクと混合の場合、新生児は頻回授乳で赤ちゃんが欲しがるだけ、ミルクは3時間おきが目安です。新生児~1ヶ月までの授乳は多いので大変でした。私の場合の実際の授乳回数もご紹介します(混合の場合です)。
添い乳が難しい!上手なやり方やメリットデメリットは?
添い乳は育児でヘトヘトのママにはとても楽な授乳方法です。でも最初はやり方がわからなくて難しいですよね。私の体験から添い乳のポイントをお伝えします。添い乳をする場合は、癖になるというデメリットやリスクもあるので注意しましょう。
新生児もこぶししゃぶり(拳しゃぶり)する?げんこつしゃぶりの意味ややめさせなくていい理由!  
赤ちゃんの拳しゃぶり(げんこつしゃぶり)。我が子は生後2ヶ月ころに始まりましたが、新生児でこぶししゃぶりをする赤ちゃんもいます。成長過程の1つなのでやめさせる必要はありません。げんこつをなめる理由には空腹や遊びなどもありますよ。
スポンサーリンク