スターフィルターはどこに売ってる?販売店や評判・交換時期は?ダスキンなどガラス繊維との比較も!

スターフィルターはどこに売ってる?販売店や評判・交換時期まで 生活

スターフィルターはどこに売ってるかというと、公式サイトや大手通販サイトです。

掃除いらず!と評判もよいので、レンジフードの掃除をしたくない人は試してみる価値がありそうです。

取り付け方も簡単で、毎日使っても2ヶ月は持ちそうですよ。

スターフィルターには、レンジフードフィルター以外にも、エアコン用フィルター(カビブロック)や、換気口フィルター(花粉・虫・ウイルスブロック)もあります。

その中から今回は、レンジフードフィルターの販売店や、ダスキンのガラス繊維フィルターとの比較、交換時期や口コミなどを調べました。

スポンサーリンク

スターフィルターはどこに売ってる?ホームセンターにある?

スターフィルターはどこに売ってるかというと、公式サイトや大手通販サイトで販売しています。

店舗はなく、インターネット販売のみです。

ホームセンターやドラッグストアなどの市販では売ってないんですね。

スターフィルター公式サイトはこちら

初回は枠付きのスターターセット

初回は、専用の枠とフィルター(2回分)の「スターターセット」を買って、レンジフードにセットすればOK。

次からは、交換フィルターを購入して、枠はそのままで中身だけ交換して使えます。

スターフィルターの公式サイトによると、他社の枠も使えるとあります。

もし、手持ちの枠があれば、交換フィルターだけ買えばいいですね。

交換フィルターは、Amazon店では他店と枚数が違うので、買いやすい枚数で購入するといいですね。

  • 楽天店とヤフーショッピング店では1・6・18・36枚入りと、定期便
  • Amazon店では12枚入りと、定期おトク便(6枚)

となっていました(2021年8月現在)。

サイズも豊富

サイズも豊富で、国内製のレンジフードの約8割に対応しているとのこと。

ただ、薄型のレンジフードには、枠が合わないようです(枠の厚みが7mmのため)。

でも非対応の場合は、フィルターのみをマグネットなどでつけることができるそうなので、困っていたら問い合わせるといいでしょう。

実際に、強力磁石で付けているという口コミもありましたよ。

スポンサーリンク

レンジフードフィルター(ガラス繊維)と不織布のカバーとの違いは?

スターフィルターは不燃性

スターフィルターは、不燃性のガラス繊維(グラスファイバー)を使用しています。

そのため引火しません。

しかし、不織布は不燃性ではないので引火します。

不織布のカバーは燃えるため、火元から1m以上距離を取らなければ使ってはいけなのです。

(私も今回、不織布のカバーを調べて初めて知りました)

スターフィルターは、燃えないので安心して使えますよ。

吸い込みも良い

スターフィルターは、厚みがあるフィルターなのに吸い込みも良く、不織布のカバーと比べると1.5倍なんだそうです。

スターフィルターと金属製のレンジフードフィルターとの、吸い込みの違いはわかりませんでした。

しかし、スターフィルターを使っている人から「キッチン換気扇の内部の掃除をしたことがない」という口コミがあるくらいなので、金属フィルターに比べ、油汚れを通さずにフィルターでキャッチしてくれそうです。

スポンサーリンク

スターフィルターの交換時期は1~3ヶ月

スターフィルターの交換時期は1~3ヶ月とのこと。

交換時期の目安

  • 毎日料理をしたり、油料理が多い…1ヶ月
  • 毎日料理をしなかったり、油料理が少ない…2ヶ月
  • たまにしか料理をしない…3ヶ月

でも実際は、毎日料理をしても1ヶ月では綺麗なんだそうですよ。

フィルターの色が変わってきて、裏面に油が浸透しないうちに交換するのが良いということ。

試しに目安の期間で外してみて、裏面の様子を見てみるのも参考になりそうですね。

表面の汚れが目立ってきたから外したら、裏は綺麗なままだったという口コミも多いです。

スポンサーリンク

スターフィルターの口コミ・評判は?

購入者のレビューを見てみると、スターフィルターの評判はとてもいいですね。

私は知らなかったのですが、インスタで人気のため使ってみたという人も多く、評判通りでとにかく掃除が楽、もっと早く買えばよかった!というコメントがあります。

スターフィルターの口コミをまとめました。

取扱いは、軽くて付け方も簡単。

見た目もスッキリしていい。

ただし、ガラス繊維(グラスファイバー)のため、触るとチクチクするので注意。

サイズは、ピッタリ!という人の方が多いですが、サイズが合わないのか、セットすると少しすき間があるという口コミも。

そして肝心の吸い込みや、汚れに関しては、

  • 厚みのあるフィルターだが、換気扇の吸い込みは全く変わらない
  • 煙とにおいの吸い込みが、不織布フィルターと全然違う
  • 油汚れをしっかりキャッチしてくれている感じがする
  • フィルターが黄ばんでも換気扇は綺麗なまま
  • 換気扇の内部が汚れない(内部のシロッコファンもベタつかない)
  • 内部の掃除は年に1回しなくても良いくらい。何年もしていないという人も

その他には、不燃性なので、フランベしても燃え移る心配がない。

料金については、コスパが良い。不織布とあまり変わらない。むしろ安いという感想も。

ダスキンとの比較については次にまとめますね。

スターフィルターとダスキンの比較は?価格はどう?

ダスキンにも、ガラス繊維タイプのレンジフードフィルターがあります。

比較すると、値段が違いますね。

同じくらい持つとすると、スターフィルターの方がコスパがいいでしょう。

どちらもレンジフード内部は掃除いらず!

スターフィルターもダスキンも、取り付け方はほぼ同じです。

ガラス繊維でできているので、ビニール手袋を着用して取り付けます(商品に付いてきます)。

口コミを見ると、枠のお手入れは、スターフィルターの方が拭きやすくて楽なようです。

そして、ダスキンのレンジフードフィルターのどちらも、レンジフード内部の掃除がいらないくらい綺麗とのこと!

内部のシロッコファンにつく汚れは、ダスキンの方が綺麗という口コミもありました。

値段の違い(同じガラス繊維タイプでの比較)

気になる価格の比較ですが、値段は断然スターフィルターが安いです。

例えば、わが家の金属フィルターのサイズを測ってみると400×297の2枚。

スターフィルターの場合、交換フィルターは1回分880円(1~3ヶ月ごと)、枠代は3200円くらいの計算です。

ダスキンは、交換フィルターは1回分で1500円くらい(4週間ごと)、枠代は1200円くらいです。枠は解約の時に返却するのだと思います。

(わが家のレンジフードの型番を見つけられず、正確な金額はわかりませんでした)

そしてもう1つ、ガラス繊維を使用しているアサヒのフィルタ(大洋フィルタ)も調べてみました。

交換フィルターは1回分1100円(3~6ヶ月ごと)、枠代は6900円くらいの計算でした。

(2021年8月現在。枠はばら売りではないので、フィルター代を引いて計算しています。計算が間違っていたらごめんなさい!)

ダスキンの交換時期は4週間が基本

ダスキンは、交換時期になると持って来てくれるので楽ですね。

取り付けまでしてくれる方もいるそうです。

ただ、交換時期は4週間が基本なので、毎月1500円くらいかかることになります。

汚れていなくても取り換え時期が来てしまい、もったいない場合も。

それに対しスターフィルターは、汚れなければ数ヶ月は取り替えなくていいので、ペースも自由でいいですね。

初回はどうしても枠代で高く感じるかもしれませんが、交換フィルターは不織布と同じくらいか、交換頻度によっては安いのではないかと思います。

スポンサーリンク

スターフィルターはどこで売ってる? まとめ

スターフィルターは店舗販売はありませんが、Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングに公式ショップがあります。

3つのどれかは普段使っていると思うので、買いやすいですよね。

現在わが家では、備え付けの金属製のレンジフードフィルターを、たまに掃除して使っています。

でも、家のレンジフードフィルターをガラス繊維のフィルターに替えるだけで、掃除いらずならとても魅力的だなと感じました。

洗って使うことに比べ、ゴミは出てしまいますが、2~3ヶ月に1回なら問題なさそうです(分別については自治体で確認してください)。

しかも、2ヶ月に1回スターフィルターを交換するとしたら、1ヶ月の経費は440円。

調べる前は、高いのでは?と思っていたのですが、コスパいいですよね。

古い家に住んでいるので、備え付けのレンジフードフィルターを洗って使えばいいかなと思っていましたが、調べるほど欲しくなってしまったのでした!

関連記事

レンジフードフィルターのカバーはつけない?それとも必要?
レンジフードフィルターのカバーはつけないのが正解です。吸い込みも悪くなりますが、そもそも1mの距離がないと使ってはいけないという決まりがあります。金属フィルターを洗いたくなければ、ガラス繊維でできたレンジフードフィルターがおすすめです。
スポンサーリンク