ベビーカーと抱っこ紐の使い分けどうしてる?どっちが先かどっちがいいのか使い方を伝授!

ベビーカーと抱っこ紐の使い分けどうしてる?どっちが先かどっちがいいのか使い方を伝授! 子育て

子育てになくてはならないグッズ、第1位2位を争う程重要な「抱っこ紐」と「ベビーカー」。

赤ちゃんの負担を考えるとどっちがいいの?使い分けは?と悩みますよね。

結論を言うと、抱っこ紐は人混みや家事中などで活躍し、ベビーカーは主に外で大活躍します!

どっちが先に出番が来るかというと、抱っこ紐です。

買い物には抱っこ紐がいい場合もあるし、ベビーカーがいい場合もあります。

冬ならあったかい抱っこ紐。

両方持っていくと便利な時もありますよ。

そんな重要アイテム2つの、メリットデメリットや、詳しい使い分け方法を紹介しますね。

スポンサーリンク

ベビーカーと抱っこ紐はどっちがいい?メリットは?

ベビーカーと抱っこ紐、どっちがいいかというと、ケースバイケースです。

抱っこ紐は人混みや家事中などで活躍し、ベビーカーは主に外で大活躍します。

ベビーカーと抱っこ紐のメリット・デメリットをまとめました。

ベビーカーのメリットデメリット

ベビーカーのメリット

  • 荷物が積める
  • 赤ちゃんにゆっくり景色を見せられる
  • 外出時の椅子やベット代わりになる

ベビーカーのデメリット

  • 公共の乗り物に乗ると嫌がられる事がある
  • 重くて持ち運びに向かない

抱っこ紐のメリットデメリット

抱っこ紐のメリット

  • 軽いので持ち運び便利
  • 赤ちゃんと密着するので赤ちゃんが安心する
  • 両手が使える

抱っこ紐のデメリット

  • 夏だと体温がこもって暑い
  • 長時間だと肩や腰が痛くなる
  • 生後半年を過ぎると重くて長時間は大変

抱っこ紐、ベビーカー、どちらもいい所もあれば悪い所もあります。

使う場所や場面でもどっちがいいか変わってきます。

いくつか例を挙げていきますので、参考にしてください!

スポンサーリンク

抱っこ紐とベビーカー どっちが先に使える?

育児に欠かせない抱っこ紐とベビーカー、どっちが先に使えるのか気になるお母さんも多いと思います。

生後1ヶ月まではベビーカーより抱っこ紐

抱っこ紐もベビーカーも、生まれたばかりの新生児から使えるものがあります。

なので、どちらもすぐに使えます。

しかし、生後1ヶ月までは赤ちゃんは外出ができないので、抱っこ紐の方が先に出番が来ますね!

冬はベビーカーだと寒いので抱っこ紐!

そして、赤ちゃんが生まれた季節にもよります。

冬だとベビーカーは寒いので、抱っこ紐の出番が多くなるでしょう。

夏は逆に暑いので、抱っこ紐だと赤ちゃんに汗疹が出来てしまう事もあります。

暑さ対策ができていたら大丈夫ですが、どちらかというとベビーカーの出番が増えますね。

ベビーカーや抱っこ紐はいつ買う?

ベビーカーや抱っこ紐はいつ買うかというと、抱っこ紐は新生児から使うので、出産までに買ったほうがいいでしょう。

先ほどご紹介したように、ベビーカーは生後1ヶ月まで出番がないので、生まれてからでも大丈夫です。

新生児から使えるベビーカーは、だいたい大きく重いタイプ。

そのため、生後7ヶ月くらいになると軽いタイプのベビーカーに買い替える人が多いです。

なので冬に子供が産まれる場合は、急いでベビーカーを買う必要はないかもしれませんね。

スポンサーリンク

家の中ではベビーカーより抱っこ紐

当然ですが、家の中では抱っこ紐が大活躍します。

広ーーいお宅ではベビーカーが活躍するかもしれませんが…。

家事をしたいけど子供から目を離せない時などは、抱っこ紐をしながら家事するお母さんも多いでしょう。

抱っこ紐でお母さんと密着すると、安心して眠ってしまう赤ちゃんも多いです。

私もいつも使っていました。

一昔前の抱っこ紐は肩だけで支えるタイプが主流でしたが、最近は肩と腰で支えるタイプが多いです。

2つとも使用したことがありますが、圧倒的に後者の方が楽でした!

スポンサーリンク

抱っこ紐とベビーカー 赤ちゃんに負担が少ないのはどっち?

抱っこ紐とベビーカー、赤ちゃんにとって負担がかからず安全かというとケースバイケース。

買い物は抱っこ紐とベビーカーどっち?

例えば、赤ちゃんを連れてスーパーに買い物に行く場面。

どちらの方が赤ちゃんに負担がかからず、安全に連れて歩けると思いますか?

お店や人混みでは抱っこ紐が安全

ベビーカーは人混みだと前に進めないし、店内でぶつかる事もあります。

なので、抱っこ紐の方が赤ちゃんにとっては安全と言えるでしょう。

負担が少ないのはすいてる時間のベビーカー

抱っこ紐で行く場合、子供がまだ軽いうちは頑張ればなんとかなります。

でも生後半年も過ぎれば、長時間抱っこ紐で買い物をすると、お母さんの体に大きな負担がかかります。

腰痛に悩まされることも…。

そういう時は、買い物に行く時間を「空いてる時間帯」にし、ベビーカーで行くのがいいでしょう。

歩いて行くならベビーカー

そして、どのように行くかも重要です。

歩きで行くなら、ベビーカーに買ったものを積めるので圧倒的にベビーカーの方が便利ですね!

友達とランチならベビーカー!抱っこ紐と両方だと便利!

では、子供を連れてお友達とランチに行く場合はどうでしょう。

この場合は、絶対にベビーカーです!

子供を抱きながら食事はできませんし、ベビーカーは食事の時の椅子代わりにもなります。

でも、途中で赤ちゃんが泣きだし抱っこしなければならない!となる可能性もあります。

できればベビーカーに抱っこ紐を積んで、両方で出かけるのがいいでしょう。

スポンサーリンク

ベビーカーや抱っこ紐を嫌がる子も!

赤ちゃんによっては、抱っこ紐を嫌がる子、ベビーカーが嫌いな子もいます。

私の子供たちはみんな、抱っこ紐が大好きでした。

ベビーカーは、少し大きくなってからじゃないと乗ってくれませんでした。

少しの段差などで泣いてしまい、結局ベビーカーを押しながら抱っこ…。

なんてことも、しょっちゅうでした。

そうなるとベビーカーはただの荷物になります。

生まれる前にベビーカーを買って後悔するなら、生まれてから一度お店で乗せてみてから買う。

というのが一番かもしれませんね!

スポンサーリンク

上の子がいるとベビーカーより抱っこ紐の使用頻度がアップ

上の子がいる場合は、抱っこ紐の使用頻度が確実に多くなります。

上の子の幼稚園の参観日などは、ずっと立って抱っこし続けなければなりません。

抱っこ紐は必需品です!

逆にベビーカーは、上の子と手を繋ぎながら押せないので出番が少なくなります。

ベビーカーにステップが付けられる

ただ、私の3人目の時に初めて見つけたのですが、ベビーカーにつける上の子用のステップが売られています。

それを付ければ、二人乗りができるようになるのです!

なので二人とも小さい時の移動には、ベビーカー+ステップがおススメです。

スポンサーリンク

ベビーカーと抱っこ紐の使い分け まとめ

抱っこ紐とベビーカー、どちらもとても便利な物です。

少なくとも、私の育児にはとても重宝しました。

特に2人目3人目…と、子供が増えれば増えるほど出番も増えました。

お店に選びに行くのも妊娠中の楽しみですよね!

うまく使い分ければ、育児がぐっと楽になりますよ!

もしわからなければ、ベビーカーに抱っこ紐を積んで出かけると、両方あって安心ですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク