使い捨てカイロが有効期限切れだけど使える?捨てる時は何ゴミなの?

使い捨てカイロが有効期限切れだけど使える?捨てる時は何ゴミなの? 季節・イベント

使い捨てカイロを常備していますか?

冬場になると、何かと活躍するカイロですが、ワンシーズンで使い切れないことも多いですよね。

また使い終わった後のカイロを何ゴミで捨てたらよいのかも、悩みがちです。

実は、有効期限切れのカイロも、問題なく使用できますよ。

捨てずに、とっておきましょう。

燃えるゴミか燃えないゴミかは、市町村によって異なります。

そのため、捨てる際には自治体の公式サイトを確認しましょう。

使いかけの使い捨てカイロを復活させる方法もご紹介します!

スポンサーリンク

使い捨てカイロが有効期限切れ!

先ほどもお伝えしましたが、使い捨てカイロは有効期限切れでも使えます!

使い捨てカイロは、薬局などで売られていますね。

10~30個入りの大袋や箱入りで販売されていることも多く、なかなかワンシーズンで使い切れないのが現実です。

もちろん1個ずつでも売ってますが、まとめ売りのほうが1個あたりの値段が安くて経済的。

コスパを考えて、多くの人が10個以上まとめて購入しているのではないでしょうか。

ちなみに私も、買うときは10個以上のまとめ買いをしています。

そのためわたしの家のパントリーにも、去年以前に購入した使い捨てカイロがしまわれていますよ。

また、今年の冬はあまり外出をしなかったので、ほとんど使用せず。

何年も前に購入した、未使用の使い捨てカイロがいくつも眠っています。

いつまでも保管しておくことのできるイメージがある使い捨てカイロですが、じつは有効期限が設けられています。

「じゃあ、有効期限切れになったら使えないってこと?」

つい驚いてしまいまそうになりますが、そうではありません。

有効期限切れでも使用できますよ。

ただし、保管の仕方によっては、最高温度が高くなってしまったり、暖かさを持続させる時間が短くなってしまったりすることも。

使用の際には注意が必要ですが、まだまだ使うことができるので捨てずにおきましょう!

カイロ工業会の公式サイトも参考にしてみてください(カイロ工業会Q&Aはこちら)。

カイロの出番がない夏の間は、高温多湿を避けて、暗所で保管しておくことをおすすめします。

また寒い季節がやってきたら、体をあたためるために活躍してもらいましょう。

スポンサーリンク

使い捨てカイロは燃えないゴミ?

では使い終わった後の、使い捨てカイロは何ゴミになるのでしょうか?

燃えるゴミ?燃えないゴミ…?

わたしの暮らしている自治体では、不燃ごみになっていました。

ですが、可燃ごみとして分類している自治体も多く存在します。

正直、今まで可燃ごみとして捨ててしまっていたので、調べてみてよかったです。

何気なく使い捨てカイロを捨ててしまっていることが多いと思いますが、実はゴミの分類はさまざま。

自治体ごとに捨て方が違う理由はよくわかりませんでした。

これでは、何が正解なのかはわかりませんね。

ですが、住んでいる自治体にあわせることが重要です。

一度、自治体の公式サイトから、ゴミの分類を確認してみてくださいね。

わたしのように意外と、今まで違う方法で分類していたことがわかるかもしれません。

スポンサーリンク

使い捨てカイロを復活させる方法について

使い捨てカイロはとても便利ですが、1回しか使えないのが少しもったいなく感じませんか?

使い終わった後に、何とかまた温められないかな?と考えたことが、誰にでも1度はあるのではないでしょうか。

使い始めのような温かさは感じられないものの、密閉することで、回復させることができるそうですよ。

たとえば、カイロを使っている最中。

「今日はもういいからまた明日使いたいな」

そう思ったときには、ジップロックなどの密閉袋にカイロを入れましょう。

ビニール袋に入れて、ガムテープでしっかりと封をする方法も、ネットでは紹介されています。

空気から遮断することで、暖かさの持続時間を引き延ばすことができるそうです。

ただし、使い捨てカイロのパッケージに記載されている、暖かさを保つ持続時間以上の効果は得られないのが実情のよう。

大体の商品は12~14時間の間、温かさを保つとされています。

その時間を過ぎたカイロは復活できない場合が多いので、注意しましょう。

ですが知っておくことで、何かの役に立つかもしれません。

復活させたい場合に、一度試してみてくださいね!

スポンサーリンク

まとめ

寒い時期に活躍する、使い捨てカイロについてご紹介しました。

有効期限があることや、復活方法、ゴミの分類など意外と知らない情報も多かったのではないでしょうか。

期限はあるのだろうなと思いつつも、いつもワンシーズン前のカイロを平気で使っていました。

もちろん安心して使えるものの、保管の仕方によっては、最高温度が高くなってしまったり、暖かさを持続させる時間が短くなってしまったりする可能性があることを知っておくことは重要です。

また密閉袋に入れることで、温かさを復活させることもできます。

一度、試していただきたい情報です。

そして自治体ごとに異なるカイロの捨て方…。

これは一度、自治体の公式サイトを確認することをおすすめします。

今まで何気なく、可燃ごみとして捨てていたので、わたしの住む自治体が不燃ごみで出すことを推奨していると知って、とても驚きました。

あると便利な使い捨てカイロについて、ぜひこの機会に知ってくださいね。

↓ 使い終わったカイロの活用法はこちら

使い捨てカイロの再利用!肥料にできるって知ってた?
使い捨てカイロは1回きりしか使用できないため、使用後はそのまま捨ててしまいますよね。実はカイロを再利用する方法があります。園芸の肥料に使ったり、冷蔵庫や靴などの消臭に使用したりできます。ただし塩分が含まれているので、園芸には塩抜きが必要ですよ。
スポンサーリンク